2018年大河ドラマは西郷隆盛に内定!キャストや脚本家を予想!

西郷隆盛

2018年のNHK大河ドラマが「西郷隆盛」に内定したとNEWS ポストセブンが報じました。

NHK大河ドラマの製作発表は放送2年前の春から夏にかけて発表されています。
そろそろですね。

2018年は明治維新150年とのことで、『西郷隆盛』はもってこいの年ですね!!!

今回はキャストや脚本家を勝手に予想しちゃいます!

2018年大河ドラマは西郷隆盛に内定!

関連記事⇒大河ドラマ2018発表主演は堤真一!プロフィールと代表作は?

幕末から明治維新は一番時代が動く印象があります。

いろんな人の立場になって無数のドラマが展開できそうです。

『日本人の誇り』『リーダーシップ』この辺りがキーワードなのかなと。

さて、誇り高い西郷どんを演じるのはどんな人なのでしょうか?

スポンサーリンク

2018年大河ドラマ主演を予想

その前に過去10年の主演、脚本家を振り返ります。

主人公時代脚本主演主人公
2008篤姫幕末田渕久美子宮崎あおい大河主人公
2009直江兼続安土桃山 - 江戸小松江里子妻夫木聡大河主人公
2010坂本龍馬幕末福田靖 福山雅治大河主人公
2011お江安土桃山 - 江戸田渕久美子上野樹里大河主人公
2012平清盛平安 - 源平内乱藤本有紀松山ケンイチ大河主人公
2013新島八重幕末 - 明治山本むつみ
吉澤智子
三浦有為子
綾瀬はるか大河主人公
2014黒田官兵衛戦国 - 江戸前川洋一岡田准一大河主人公
2015杉文幕末 - 明治大島里美
宮村優子
金子ありさ
小松江里子
井上真央大河主人公
2016真田幸村戦国 - 江戸三谷幸喜堺雅人大河主人公
2017井伊直虎戦国森下佳子柴咲コウ大河主人公
2018西郷隆盛?幕末 - 明治hatenahatenahatena

では、西郷どんの全体像をイメージしてみましょう。

実は西郷どんの写真はありません。

西郷は自分の写真は無いと明治天皇に明言している。現在のところ西郷の写真は確認されていない。
【ウィキペディアより】

一番近いとされる画像を確認してみましょう。
200px-SaigoTakamoriUniform
床次正精作 床次の描く西郷の顔は実物によく似ていると言われています。

特徴は?

  • 身長:179㎝
  • 体重:116Kg
  • 喫煙者で下戸

画像をみると
Takamori_Saigo
(西郷の親戚を参考に想像で描写)

  • 目が大きい眉毛が太い濃い顔

いや~もう一人しかいないっしょ!
abe
阿部寛さん!

ということで主演予想は終わりです。

9/3追記・・
堤真一さんに内定しましたね。

西郷隆盛

予想は外れちゃいましたが、堤さんも大好きな俳優さんです。

ユーモアもシリアスも演じられる堤さんがどんな西郷隆盛を演じられるのかとっても楽しみです(^^♪

これまでに西郷隆盛役を演じた俳優

因みに・・・大河ドラマで西郷隆盛役を演じてこられた人たちは・・・

『篤姫』では小澤征悦さん
西郷隆盛

『龍馬伝』では高橋克実さん
西郷隆盛1

『八重の桜』では吉川晃司さん
西郷隆盛

『花燃ゆ』では宅間孝行さん
西郷隆盛

全くタイプの異なる役者さんが同じ人物を演じているんですね。

そう考えると、やはり主演選びはめっちゃクチャ大事です。

『主役を張れるひと』まずここが大事です。

と考えると、そう多くない。

そして、『イメージ』

西郷隆盛のイメージとあまりにもかけ離れてしまうとどうしても見ていて違和感を感じてしまいます。それが視聴者離れにつながることも・・。

ある程度は演技力でカバーできるのでしょうが、体形や雰囲気までは演技でカバーすることは難しいかもしれませんね。

阿部寛さんはピッタリだと思うのですが・・・。ちょっと太って頂いて・・。

では、続いて脚本です。

2018年大河ドラマ脚本を予想

そして、めちゃくちゃ重要なのはやっぱり脚本ではないかと。

役者を活かすも殺すも脚本にかかっていると言って過言ではないほど大事です。

とと姉ちゃん面白くない高畑充希の演技が下手?!高視聴率の理由は?

そこで、2018年大河ドラマに抜擢されそうな脚本家を予想したいと思います。

NHK側は

「大河ドラマはドキュメンタリーではなくあくまでドラマであり、演出も必要である」

と明言されています。
ドラマチックな展開が得意でいらっしゃるのは・・・

中園ミホ

代表作:

  • 白鳥麗子でございます!(1993年 フジテレビ)
  • ハケンの品格(2007年 日本テレビ)
  • ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2012~テレビ朝日)
  • 花子とアン(2014年 NHK)
  • トットてれび(2016年 NHK)

既に朝ドラの脚本を手掛けたこともあり、大河を経験されていないのはご多忙だから?
いつ抜擢されてもおかしくないのかなと思います。

9/8追記
脚本は中園ミホさんに決まりましたね(^-^)

そして、原作は林真理子さんの『西郷どん』

テンポの良いドラマティックな『西郷どん』を期待したいですね(^-^)

輿水泰弘

【代表作】

  • 相棒(2000年~テレビ朝日)
  • 菊次郎とさき(2003年 テレビ朝日)
  • 料理少年Kタロー(2001年 NHK)
  • 名古屋仏壇物語(2002年 NHK)

相棒で多忙だそうですが・・・。
以前NHKのお仕事もされていますね。

大森美香

【代表作】

  • 不機嫌なジーン(2005年 フジテレビ)
  • ハングリー!(2012年 関西テレビ)
  • 連続テレビ小説 あさが来た(2015年後期 NHK)

「あさが来た」では放送期間平均視聴率23.5%を記録し、連続テレビ小説としては今世紀最高の視聴率を記録しました。

もし抜擢されれば、みんな大喜びされることでしょう!

来年から始まる「おんな城主 直虎」の脚本家、森下佳子氏も2013年NHK朝ドラ「ごちそうさん」の脚本を務めておられます。

朝ドラから大河へ。

大森美香さんが大本命です(^◇^)

2018年大河ドラマ出演者を予想(随時アップしますお待ちください)

島津斉彬

薩摩藩の富国強兵に成功した幕末の名君の一人。西郷隆盛ら幕末に活躍する人材も育てた。

勝海舟

稀代の外交手腕と慧眼の持ち主の政治家、数学が苦手とされ大言壮語の成り上がりと敬遠されることも

坂本龍馬

薩長同盟は薩摩側が西郷と小松、長州側は桂が代表となり龍馬が立会人となって列席し結ばれた。大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に大きな影響を与えた人物。

藤田東湖

常陸国水戸藩(現在の茨城県北部)で形成された政治思想の学問である水戸学藤田派の学者。水戸学の大家として著名。
「先生と話していると清水を浴びたような少しも曇りない心になってしまい帰る道さえ忘れてしまった」と西郷自身漏らしていたという。

大久保利通

西郷隆盛とは藩校造士館でともに学問を学び、親友・同士となった。西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称される。

大隈重信

俗吏とみなし嫌っていたとされる。明治の建国に当断った政治家で、民衆政治家として絶大な人気を博した。早稲田大学の創設者であり、初代総長。

西郷隆盛を取り巻く女性を予想

西郷どん、結婚は?

実は三度の結婚経験があります。

1度目の結婚:須賀(すが)

28歳の時に両親のすすめで伊集院兼寛の妹で須賀(すが)と結婚した。

別れた理由は藩主の代わりに江戸に赴くなど隆盛は不在が多く実家に帰ってしまったそうです。
離婚は円満離婚と言われており、隆盛は離婚したことを終生後悔していたとか。

離婚を終生後悔していたということで、後に2度結婚していますが、須賀を一番愛したということでしょうか。

1990年のNHK大河ドラマ『翔ぶが如く』では、南果歩さんが演じられました。
2008年のNHK同『篤姫』では、森脇由紀さんが演じられました。

キャスティング予想は・・
川栄李奈さん
kawae

しっとりとした須賀を演じて欲しいですね~。

2度目の結婚:愛加那(あいがな)

2度目奄美大島の名家であった龍家の娘・愛加那(あいがな)と結婚。

菊次郎(のちに京都市市長とお菊の二人の子供をもうけます。この二人の子は庶子(現婚外子)として扱われました。

愛加那と別れた理由は、鹿児島に戻る際に島妻は連れ出せない規則があり別れたそうです。愛加那とは3年間一緒に過ごしました。

1990年『翔ぶが如く』では、石田えりさんが演じられました。

今回のキャスティング予想は・・・
松岡茉優さん、
matu

または橋本マナミさん
hasimoto

3度目の結婚:糸子(いとこ)

西郷イト
隆盛が39歳の時に23歳の糸子と結婚。
子供は寅太郎、午次郎、酉三の三人の子供をもうけ、先の妻愛加那の二人の子、菊次郎とお菊を引き取ったとされています。

1987年日本テレビねんまつ時代劇スペシャル『田原坂』では、秋吉久美子さんが演じられ、
1990年NHK大河ドラマ『翔ぶが如く』では、田中裕子さんが演じられました。

今回予想は・・・
大島優子さん

【http://goo.gl/mwRLFqより引用】

【http://goo.gl/mwRLFqより引用】

または中谷美紀さん
naka

個人的に見てみたいというだけの話です・・・

まとめ

2018年大河ドラマが「西郷隆盛」に内定したとの報道がありました。

一年の顔になると言っても過言ではない主役には是非阿部寛さんを!

よろしくお願いします!!

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*