ASKAが薄毛を告白!なぜブログを書く?ブログを書く理由に迫る

ASKA

歌手で2014年覚せい剤使用で逮捕、起訴され、裁判で懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受けたASKAさんが、ブログで薄毛を告白し話題になっています。

ASKAさんがザビエルのようになってしまったと自ら告白

ブログによると4カ月間の隔離病棟生活のストレスから、髪の毛が抜け、
「シャワー上がりに、鏡に向かうと頭皮がスケスケに見えてしまうんです。特に、頭頂は激しく、フランシスコ・ザビエルのようになってしまいました」

と告白しています。

今回これを報じた『Daily news online』では、

CHAGE and ASKA復帰はもう永久にないのではと心配する人がいるようだ。

「ASKAが『これでラブソングを歌えるだろうか』と告白しているように、薄毛のままステージに上がられても困ってしまいます。

帽子をかぶるなりバンダナを巻くなり対策が必要になるのですが、そうするとCHAGEとASKAの見分けがつかなくなってしまうのではないかというのです。

そんな状態で復帰はないだろうとファンは考えているようです」

見分けがつかないって・・・。

見た目がCHAGE and CHAGEなCHAGE and ASKAは見たくない。

いやいやおもしろすぎるでしょ。

CHAGE and CHAGEなCHAGE and ASKAって(笑)

スポンサーリンク

ASKAさんの楽しいブログ内容

けれど、ASKAさんもCHAGEさんについて、

CHAGEは良いんです。似合っていますし、しぶとく残っているどころか、増えていますから。

さらっと暴露ですか!?

いいんですか!?

言っちゃっても?!

このブログが公開されたのは7月26日、多くの反響をうけて翌日の更新記事の冒頭は

こんばんは。

ザビエルです・・。

ASKAさんって意外と楽しいお方だったのですね。

そして、

夕方から、ここを見ていなかったので、今、参っています。ザビエル症候群に陥っています。だから、生えてる!ってば。今は、芝生だってばぁ。

ホント、怖いな。ネット・・。

Live doorやYahooニュースにまで、ザビエル化が掲載されてる。明日中に300万アクセスを超えることなどは、どこにも書かれてない・・。何なの、この偏った報道。

と綴っておられます。

本当に楽しいお人柄なのですね。

現在のASKAさんについて

この半年間について、医療保護入院のために4か月間過酷な入院生活を送ったとされています。

ここで大きなストレスがかかり髪の毛が抜けてしまったのですね。

そして、5月に九州の病院に転院、医療保護が解けて任意入院となり、自由度が高まったそうです。

そして7月にはいりブログを立ち上げて日々の出来事について、また、ファンへのメッセージや詩を綴っておられます。

これ本当にASKAさんなの?って思われるひとも多いようですが、おそらく本人。

お薬が必要なのでは?と思ってしまうぐらいちょっとテンションが高めです。

7月23日のブログでは、
『マスコミのみなさんへ』と題して家に来られることを非難しておられます。

そして、『しばらく東京を離れます。』と

ブログは、どこからも書ける。

便利な時代になりました。

ASKA

ブログを書く理由

ブログは続ける気満々なのですね。

これが本物のASKAさんであったとして、

恐らく、人とのつながりがASKAにとって心の支えとなっているのではないかと感じました。

事件を起こしてしまい、これまでのような音楽活動が出来なくなりました。

多くのファンも失いました。

そして、自らで多くの人を裏切ってしまったという自責の念に駆られているはずです。

そんな中で、ブログは自分を頼りにしてくれる人を感じる事が出来るツールだったのではないでしょうか。

ブログには多くのファンから応援や励まし、また詩の感想などが書き込まれています。

そして、アクセスはどんどん増えて行っているようです。

みなさんの、コメントは、ひとつも逃さず目をとおさせてもらってます。

毎日、たくさんのコメントを、どうもありがとう。

それから、今アクセス数を覗いたら

1,512,143

でした。

嬉しいか?

もちろん。

ASKA

本気で嬉しいのでしょうね。

多くの人が本気でASKAさんの復帰を願っているようですね。

ブログでは少しずつプロジェクトが進んでいるようなことが書かれてありますが、
真相はどうなんでしょう。

いつかまた新曲が聞ける日が来るのでしょうか。

aska
ザビエル・・

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*