クルム伊達公子さん離婚!ブログコメント全文と原因(理由)の二人の人生に変化とは?

http://lineblog.me/datekimiko/archives/20579323.htmlより引用

プロテニスプレーヤーの伊達公子さんが26日にドイツ人のレーシングドライバー、ミハエル・クルムさんと離婚したことを発表しました。

2001年に結婚し16年間を共に過ごしてきた二人がここにきて離婚に至った理由は何なのでしょうか?

離婚発表のコメントから探ってみようと思います。

クルム伊達公子さん離婚!二人の人生に変化とは?

離婚は27日未明にご自身の公式ブログで発表されました。

ブログには伊達公子さんと夫のミハエル・クルムさんお二人のコメントが掲載されていました。

離婚コメント全文を見てみます。

スポンサーリンク

ミハエル・クルムさんコメント全文

“Kimiko and I have agreed to an amicable divorce. Our decision was found in a friendly manner and with common understanding.

Over the last few years we have both pursued our professions and we have always supported and encouraged each other’s activities. I am Kimiko’s biggest fan and in the last few years she has achieved some amazing things in Women’s Tennis and I am very proud of this for her. Also she has supported my racing unconditionally even when my schedule was at its craziest.

I will always continue to support Kimiko in whatever she does in the future as I am sure she will me. “

Michael

“公子と僕は、協議離婚することに同意しました。 友好的に、お互いの理解を持ってその結論に至りました。
ここ数年、僕達はお互いの道を突き進み、そしてそれぞれの活動をいつもサポートし合い、励まし合ってきました。僕は公子の大ファンですし、ここ数年の彼女のテニス界における素晴らしい活躍をとても誇りに思っています。また彼女は、 僕のクレージーとしか言いようのないようなスケジュールの時ですら、無条件にレース活動をサポートしてくれました。
僕は、きっと公子が僕に対してそうであるように、彼女が今後何をしようともいつもサポートし続けていきます。”

Michael

伊達公子さんコメント全文

“This is to announce my divorce with Michael Krumm (“Mike”) on September 26, 2016.

We got married on December 1, 2001, and we started to live together a year before our marriage so we were together for about 16 years.
We have discussed for a long time, and we decided to pursue separate paths from now on.

While spending time together for 16 years, we realized some changes happening to our lives, and when thinking of our long life to come, we decided that it is better to go our separate ways.

Our relationship is still amicable. As we both had a lot of time in Tokyo this year, we lived together and we were dining together.
I believe that our relationship will not change in a big way even after our divorce, and we will probably meet as friends.
As we were based in 2 countries, Tokyo and Monaco, we shall support each other when needed.
Obviously, 16 years is not a short time. Of course I feel sadness but this decision is for us to be happy and to live better lives.

We were supported by many people until now.
Although it is unfortunate to announce our divorce, it is appreciated if you could continue to warmly watch over us.”

Kimiko

“2016年9月26日にMikeことMichael Krummと離婚したことをご報告させていただきます。

2001年12月1日に結婚し、その1年前から2人での生活を始めていたので約16年間を共に過ごしてきました。
2人で長い時間をかけて話し合い、これからは別々の道を進むことを決めました。

16年間共に過ごしてきた中で、2人の人生に変化が出てきたことにいつしか気づき、
この先のまだまだ長い人生を考えると、別々の道を歩むことがいいのではないかという結論に至ったのです。

今でも2人の関係はよく、今年は2人とも東京にいる時間が多いので、共に生活をし、食事も一緒にして過ごしていました。
離婚をしたこれからもその関係は大きく変わることはなく、友達として会うこともあるでしょう。
またこれまで2人のベースが東京とモナコの2つだったこともあり、
これからも必要に応じてお互いをサポートし合うことも続くでしょう。
16年間の時間はやはり短いものではなく、寂しさは当然感じますが、お互いがHappyでより良い人生を送るための決断です。

これまで多くの方々に2人をサポートしていただきました。
残念な形での報告にはなりますが、今後も2人を見守っていただければと思います。”

Kimiko

離婚の原因は?

コメントの中で、原因と見受けられるのは、

「2人の人生に変化が出てきたことにいつしか気づき、この先の長い人生を考えると、別々の道を歩むことがいいのではないかという結論に至った」

2人の人生に変化が出てきたことにいつしか気づき、と
あります。

この言葉から、2人の間に少しずつ気持ちの開きが生じてきたような印象を受けます。

仲は良かったの?

では、16年間も結婚生活を続けてこられたお二人ですが、仲は良かったのでしょうか?

お二人のブログではお二人の仲が良いことが伺えます。

ミハエルさんが伊達さんを優しく見守っているイメージです。

また、ネットにはたくさんのラブラブ写真も・・

http://techniq-group.co.jp/mk/blog/private/tennis_in_karuizawa.htmlより引用

http://techniq-group.co.jp/mk/blog/private/tennis_in_karuizawa.htmlより引用

昨日、僕とKimikoは軽井沢で楽しい時間をすごしました。
じめじめした東京を離れて、さわやかな軽井沢でのテニスはとても楽しかったです。
友人達とのテニスでしたが、彼らのほとんどが元プロのテニスプレイヤーなので僕は負けてしまうのです。
でもダブルスではKimikoがパートナーだったので勝つことができました!
彼女のテニスをしている姿を見ることは、いつもとても楽しいです。

http://techniq-group.co.jp/mk/blog/private/relaxing_in_monaco.htmlより引用

http://techniq-group.co.jp/mk/blog/private/relaxing_in_monaco.htmlより引用


Kimikoと一緒にモナコの自宅でリラックスをしながら過ごしています
こちらはお天気も完璧でトレーニングやリラックスするのには最適な日々です。
モナコの暑い気温の中でのランニングは来月の鈴鹿での1000キロに向けての準備になっていると思います
そして、夜は2人でコンサートや演劇を楽しんだりして充実した日々をすごしています。

また、2013年7月20日のブログでは、

http://lineblog.me/datekimiko/archives/20579323.htmlより引用

http://lineblog.me/datekimiko/archives/20579323.htmlより引用

Michaelが日本に来ました!
Monacoが居住なだけに帰ってきたと言うか来たと言うか微妙…..

前回、会えたのはFrankfurtの空港のバス乗り場で
10分くらい会えた時が最後。

また数日だけしか一緒にいれないけど
貴重な2人の時間。
とはいえ….明日の私は普通にトレーニング&練習。
一緒にいれるのは夜だけだな。

2007年、2008年ごろのミハエル・クルムさんのブログでは、伊達さんとのツーショット写真を掲載し、仲良く過ごしている様子が見られます。

しかし、次第に二人のツーショット写真は少なくなります。
それだけでお二人の仲を推し量るのは難しいのですが、

2013年のブログでは大変多忙なお二人であることから一緒にいる時間が本当に限られていることがわかります。

ネットでは、伊達さんが2008年に現役に復帰し、世界を駆け回る生活で夫との間にすれ違いが生じたことも一要因とされています。

二人の今後は?

「今でも2人の関係はよく、今年は2人とも東京にいる時間が多いので、共に生活をし、食事も一緒にして過ごしていました」
「離婚をしたこれからもその関係は大きく変わることはなく、友達として会うこともあるでしょう」

伊達公子さん

伊達さんは、今年2月に左膝半月板の手術を受け、現在は休養中とのことです。
もちろんテニスの復帰を目指しておられるようです。

8月31日のブログでは、術後4カ月経過でまだ走ることができない様子を語っておられました。

MRI、レントゲン、CT、ドクターによる診察で
画像上、半月板と軟骨の状態は良い状態とのこと。

問題は左脚の筋量がなかなか戻せないこと。
今の状態で筋量が良い状態まで戻せていれば
ジョグのOKがでるところでしたが…
まだまだほど遠いほどの状態です。

8月末の報告から約1か月、回復状況についての情報はありませんが、今回の手術は復帰を果たすための再手術でした。

そしてカフェもオープンされています。

「FRAU KRUMM/フラウクルム」

伊達さんはカフェオープンについて、ブログで以下のように綴っています。

8月4日、恵比寿に念願のパン屋さん「FRAU KRUMM」がオープンします。

私にはいつの日かカフェをやりたいという想いがありました。
そして大好きなドイツパンとコーヒーを提供できる空間ということで
縁あって、それぞれの分野のプロの方達と一緒にオープンできることになったのです。

小さなお店だけれど、オープンまでに何度も打ち合わせを繰り返しながら
ここまでやってきました。
松葉杖でミーティング場所へいけない時期はSkypeでの電話で参加したり
様々なことを話し合いながらの作業のときもありました。
試食会はもちろんだけれども、お店のリノベーションで雰囲気をイメージしながら
たくさんのことを決めたり…。
私の想いは大きく膨らむばかりで、今はまず4日のオープンがとても楽しみです。
すべて思い通りにすることは簡単なことではなかったので100%思い通りとはいえないですが
とっても素敵な空間にできたし、ドイツパンとおいしいコーヒーを提供できるかと思っています。
まずは初めてのチャレンジである恵比寿のお店をより多くの方に知っていただき、
次へと繋げていきたいという気持ちでいっぱいです。

ミハエル・クルムさん

レーシングドライバーで、現在は日産と契約しワークスドライバーとなっています。

2011年には、FIA GT1世界選手権(NISSAN GT-R)で王座を獲得されています。

日本語も流暢にはなし、主な活動は東京の様です。

まとめ

プロテニスプレーヤーの伊達公子さんとおっとのレーシングドライバーのミハエル・クルムさんが離婚されました。

理由は、「二人の人生に変化が出てきた」ということを語られています。

伊達さんは、テニス復帰に向けてのリハビリやカフェの経営で多忙な毎日を過ごされているようです。

また夫のミハエルさんは東京でレーシングドライバーとして活躍されています。

もともとお二人の共通点は少なかったように思えるのですが、ここにきて「二人の人生に変化」とは一体何を指しているのでしょうか・・・

お二人はとても仲が良かったようで、ミハエルさんのブログからも伊達さんに対する愛情が感じられます。

今後も二人の関係が大きく変わることはないとされていますが、

だったらなぜ離婚?と思ってしまいますね。

気になるのは伊達さんが今後復帰するかどうかということ。

復帰する上では夫の存在は大きいと思うのですが・・・。

謎だ!

ということで、二人の人生に変化が出てきて離婚する伊達さんとミハエルさんの離婚の真相は謎です。

ただ、リハビリ状況があまり良くないのかな・・と。

復帰を断念せざるを得なくなって次の道を目指すうえで離婚が必要になった・・・

ということであれば、理解できるような気がしますが・・・

伊達さんの今後にも注目ですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*