稲垣吾郎さん週刊新潮写真のバッグはボッテガ・ヴェネタ!?同席の『あの人物』について


昨年末に解散してしまったSMAP。
年を越し、もうSMAPが存在しないことを考えると、正直まだ実感が沸かない・・

ファンが必死で解散を食い止めようとしたもののどこ吹く風と完無死を決め込まれ。

そして31日はひっそりとSMAP終焉を迎えてしまいました。

熱望視された紅白出場も辞退したメンバーたち。
そんなメンバーたちが解散日の大晦日に集合していました。

都内で木村さんを除く4名が集合して、「ある人物」と解散の宴を執り行っていたと週刊新潮が報じました。

最後ぐらい5人揃って欲しかった・・が、仕方ない。

さておき、ついつい目がいってしまったのはニュース記事にアップされていた写真で五郎ちゃんが持っていたバッグ!

「あ、ボッテガだ!」

今回は五郎ちゃんのバッグを調査しました(^-^)

稲垣吾郎さん週刊新潮写真のバッグはボッテガ・ヴェネタ!?同席の『あの人物』について

五郎ちゃんが写っている写真はこれ。

1-2
デイリー新潮より引用】

寄ります寄ります。
1

2

スポンサーリンク

五郎ちゃんのバッグ

こちらはボッテガ・ヴェネタのバッグと思われます(^-^)

2017y01m02d_060242380

2017y01m02d_060253254

公式サイト

イントレチャート VNドキュメントケース

¥ 156,600 税込

書類、鍵、携帯電話などをきちんと整頓して収納することができる、完璧なドキュメントケースです。
スリムなデザインは、すべて手作業で編み込まれたVNレザーで仕上げられ、内側にはコットンのライニングが施されています。
サイドを拡張し、より多くの荷物を収納することができます。トップにはファスナーが付いています。

商品詳細:

素材構成:カーフレザー
色:ブラウン
高さ:29 cm
幅:34 cm
奥行き:1 cm

楽天だとお安く購入できます(^-^)

ボッテガヴェネタ/BOTTEGA VENETA クラッチバッグ ドキュメントケース VN ネロ ブラック系 224053 v4651 1000 メンズ【ラッピング無料】

価格:121,001円
(2017/1/2 08:06時点)

売り切れの場合コチラ⇒ボティガ・ヴェネタのドキュメントケース

完璧なドキュメントケースって言い切ってるあたりがブランドの自信の現れですな!

五郎ちゃんの鞄にはたくさんの物が入っていそうで結構膨らんでいるのがわかります。

2

このクラッチ型バッグってまだまだ流行りそうですね(^-^)

クラッチ型バッグのいいところは肩掛けしないからまず肩がこらない!
何よりスタイリッシュ!
流行りとは、持ってるだけで今風に見えること!なので持ってるだけでセンス良く見えちゃう!

しかもボッテガ・ヴェネタ!
ロゴこそないけど、完全アピールとも言うべき特徴的な格子模様(イントレチャート)。
間違いなく目立ちます。

ここで、ボッテガ・ヴェネタについて簡単にまとめてみました(^-^)

ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)

イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァを本拠地とするファッションブランド。
2001年にグッチのグループ傘下となり、バッグ・財布などの特徴的な皮革製品を手がけています。

1966年、ミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロによって設立され、ブランド名は「ベネチアの工房」を意味していいるそう。

2001年から現在までのデザイナーは、レディース・メンズともにトーマス・マイヤー氏。
2017y01m02d_062256773

代表的なデザインの皮を編み込んだレインチャートは、ブランドが始まったときに開発れたもの。今でもなおボッテガ・ヴェネタの代名詞となりその存在感を示し続けています。

【レインチャート】
x-sell_40381473_1

モットー

ボッテガ・ヴェネタの有名なモットーがこちら。

「自分のイニシャルだけで十分(When your own initials are enough)」
ひとつひとつの製品が、それを使う人のスタイルを限定するのではなく、際立たせることを目的として作られています。
そのため、持ち主の名前を隠してしまうような方法でロゴやブランド名を提示する必要はありません。

ルイ・ヴィトンに代表される、モノグラムを否定している感じは否めませんねww

しかし、ここまでレインチャートが有名になれば、ロゴ表示しなくてもボッテガ・ヴェネタとわかります。
自信の表れですね(^-^)

ボッテガ・ヴェネタ代表作品

behind-the-intrecciato-img_02
左から「カバ」「ヴェネタ」「ノット」

カバ

428_1
「カバ」はデザイナーのトーマス・マイヤーが初めてデザインしたバッグです。

メゾンの卓越したクラフツマンシップの結晶ともいえる作品

とのこと。

この形、よく見かけるような気がしますが、元をたどればボティガが発祥なんですね(^-^)

VENETA(ヴェネタ)

42704_1
「ヴェネタ」は柔らかいレザーを使用し、かつ軽量を実現しています。デザインも秀逸で使うほどに体にしっくり馴染み、最高の使い心地を実現してくれるそうです。

よく見かけるこの形、これもボティガが発祥でした(^-^)

ヴェネタシリーズはたくさんあります(^-^)

2017y01m02d_072137902

2017y01m02d_072147487

2017y01m02d_072150772

2017y01m02d_072153956

2017y01m02d_072156557

2017y01m02d_072159374

KNOT(ノット)

knot

「ノット」は、シーズン毎に驚異的な想像力を具現化しています。

これは見ているだけでもカワイイ!
作り込まれたデザインとシーズン毎に変る遊び心ある様相はファンの心をつかんで離さない愛らしさがありますね(^-^)

130117102125iydrou

9881_g_1409536332600

img_912b6e272eee09bca513cef5cb5c726f194463

img_76ec9328a6fc52d309c7ab6c1dd69c4b189530

o0480034713575748040

o0480058013575748034

ボッテガ・ヴェネタの商品を見る

ブランドの紹介はここまで(^-^)

SMAPの話に戻ると・・・

大晦日の宴で同席してた『あの人物』とは・・・

『あの人物』

ネットでは、あの人物について「飯島元マネージャー」と言われています。

真相は1月5日発売の週刊新潮で報じられるようですね。

いずれにしても、家族のある大晦日だから木村さんが居なかったのか・・
それとも本当に仲が悪いのか・・・

なんだか仲間はずれの木村さんが可愛そう・・・

皆で集まって何を話されていたのでしょうね。

宴は午前2時まで続いたそうですが、思い出話にふけっていたとはあまり考えられません。

今後の活動に関するの話なのでしょうか・・・気になります・・

飯島元マネを迎えた新事務所設立とも噂されていますが、
その可能性は否定できない気がしますね。

ジャニーズの力も最近は衰えを見せている言います。

昨年に続き、今年も芸能界は激震の年となるかもしれませんね。

個人的には、SMAPが数年後、数十年後に再結成することを密に願っています・・・

まとめ

SMAP解散の大晦日に木村さんを除く4人が集まって宴を開催していたことが報じられました。

その写真に写っていた五郎ちゃんが持っていたバッグに目が行き調べてみました(^-^)

芸能人がさりげなく持っているものって気になりますよね・・・

恐らくこれはボッテガ・ヴェネタのバッグ!

ちとお高いですが、デザインやブランドの信頼性を考えると妥当なお値段かな(^-^)

近年ブランド志向は派手さを求るものではなく、確かなものを手にしたいというユーザーの望みを叶えるものになってきましたね(^-^)

確かさはブランドで手に入れると言っても過言ではない気がします。

物があふれる時代となった今、選ぶ目も必要になってきたということです。

高価なもので身を固める必要はないと思いますが、物の価値を知り、その歴史や背景を知るとより愛着がわき、自分だけの唯一のものとなります。

そんなものが一つ一つ増えていくと、気持ちもちょっと豊かになりそうな気がしますね(^-^)

 
さて、SMAPが解散してしまいましたね。

SMAPSMAP最終回を見終わった後、多少は喪失感を感じましたが、時間が経つと落ち着いてきました。

というか、正直まだ実感がわきません。

きっと今後少しずつSMAPの足跡を見てはSMAPの偉大さや芸能界での存在の大きさを実感していくのではないかと思います。

終わりではないSMAPの今後を密に期待したいと思います(^-^)

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*