平尾誠二さんの死因は胆管細胞がんだった!家族のコメント内容と胆管細胞がんについて

http://i.imgur.com/JuKOLjO.jpg

故平尾誠二さんの病名が明らかになりました。

『胆管細胞がん』を患っておられたそうです。

一時は病名や死因について非公表とされていましたが、25日に日本ラグビー協会が遺族との談話を発表し、病名についても公表されることとなりました。

家族の談話について、胆管細胞がんについてご紹介します。

平尾誠二さんの死因は胆管細胞がんだった!家族の談話内容について

まずは、日本ラグビー協会が発表した談話内容をご覧ください。

スポンサーリンク

ラグビー協会が発表した談話の内容

平尾誠二を応援してくださった皆さまへ

 平尾誠二は10月20日午前7時16分に天国というフィールドに旅立ちました。

 昨年の秋から胆管細胞がんを患い、闘ってまいりましたが、残念ながら回復することは叶わず、最期は家族に見守られて、静かに息を引き取りました。10月23日に、私たち家族による密葬を済ませました。平尾の死を惜しむ皆さまの声は本人に届いていたものと思います。この場を借りて御礼申し上げます。

 平尾は体調を崩してからもずっと、GMを務めていた神戸製鋼ラグビー部の成長と、日本ラグビー界の発展を気にかけており、時には現役時代同様の鋭い眼差しで、熱くラグビーを語ることもありました。ラグビーワールドカップ2019日本大会の成功と日本代表の勝利は平尾の夢でした。見届けることができず、本人はさぞや無念であったことと存じます。

 平尾誠二は皆さまに支えられて、最期まで幸せな人生を送ることがきした。長きにわたり、平尾誠二を応援していただいたことに改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。残された私どもも深い悲しみの中におります。静か見守って頂ける様お願い申し上げます。

 2016年10月25日

 親族一同
スポニチアネックスより

昨年の秋に癌が見つかったということでしょうね。

こちらは2015年8月25日の写真です。

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/25/0008335754.shtml?ph=1

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/25/0008335754.shtml?ph=1

そして、2015年10月22日

http://www.intage.co.jp/forum/2015/sp

http://www.intage.co.jp/forum/2015/sp

http://www.intage.co.jp/forum/2015/sp

http://www.intage.co.jp/forum/2015/sp

この時すでにお痩せになっておられますね。

胆管細胞がんとはどういった病気なのでしょうか。

胆管細胞がん

胆管細胞がんとは、『原発性肝がん』の一つで、肝内胆管がんとも呼ばれています。
つまり、肝臓内の胆管にできる癌(悪性腫瘍)いうことです。

原発性肝がんの3~7%を占めるそうです。

原因

原因は不明。

症状

固有の自覚症状はなく、胆管が腫瘍によって詰まることで閉そく性黄疸を発症することが多いそうですが、相当進行するまで症状が出ない場合もあるそうです。

治療方法

肝臓切除の手術
物理的に癌を切除し、病原体を排除する方法ですが、、リンパ節転移、遠隔転移がある場合は切除による生存期間の改善が見込めないため適応にならないとのことです。

放射線療法
放射線を照射して癌の縮小を狙う方法です。抵抗性を示すことが多いそうです。(つまり効かない)

化学療法
抗癌剤の投与を行う方法。

予後

一般的に不良。
完全に切除できたものでも、5年生存率が40~50%とのことです。

切除できなかったものは、10%未満だそうです。

死因を公表した理由について

20日に平尾さんが死去され、突然の訃報に日本中が衝撃を受けました。

しかし平尾さんの死因については、非公表とされ、ゆえに多くの人が平尾さんの死因について関心を示すこととなりました。

このブログにも平尾さんの死因の情報を求めて訪れる人が後を絶ちませんでした。アクセス数は25日の時点で16万を超え、世間の関心の高さを示していました。

平尾誠二さん死去!死亡理由は癌!?激ヤセで心配の矢先だった

そして、25日に日本ラグビー協会が家族との談話を発表し、病名が明らかになりました。

一時は非公表としていた死因について、なぜ公表するに至ったのか?

発表された背景には2つ理由が考えられました。

一つは、23日に密葬を終え、家族がひと段落ついたことで気持ちが落ち着いた。

そして、二つめは世間の興味が死因に集まり、公表しないことで良からぬ噂が立つことを避けた。

二つ目について、このブログにも平尾誠二さんの死因について、

『「明かさない」のは「明かせない」から』

というコメントが寄せられました。

また、このブログを訪れる人が、どういったワードで検索したかがわかるのですが、

どうしてそんな病名がでてくるの?という病名で検索されていることも数件見られました。

今回公表されたこと、私は良かったと思います。

公表されない理由もなんとなくわかる気もします。

公表しない理由として想像できるのは、やはり

平尾さんは『ミスターラグビー』を背負っておられたのだと思います。

神戸製鋼ラグビー部のGMとして活動し、2019年にはラグビーワールドカップが控ていました。ラグビー界を盛り上げようとする中で癌の末期だなんて口が裂けても言えなかったのだと思います。

周りに真実を伝える事ができず、また痩せてゆく姿を見せることも平尾さんご自身本当にお辛かったでしょうね・・

まとめ

20日に死去された平尾誠二さんの病名について、日本ラグビー協会が発表した家族の談話から明らかになりました。

病名は『胆管細胞がん』でした。

葬儀は家族で23日に密葬を終えられたそうです。

葬儀については、遺族と近親者のみで家族葬で執り行われ、遺族の意向で日時、場所は発表されませんでした。
また、故人の遺志により香典、弔電は辞退するとしていました。

平尾さんは盛大な葬儀など望んではいなかったのでしょうね。

志半ばでお亡くなりになった平尾さんの無念さが伝わってくるようです・・

平尾さんは多くの人に愛されていました。

生前の平尾さんの卓越したプレーや言葉、そして功績の数々は、ラグビー界のみにとどまらず、日本中の人々の心にしっかりと記憶され続けるのだと思いました。

平尾誠二さんのご冥福をお祈りいたします。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

関連記事

平尾誠二さん死去!死亡理由は癌!?激ヤセで心配の矢先だった

<広告>
資産を4倍にしたアカデミー!
子育て中のママへ!お金の心配ばかりしていませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*