小室圭さんが通う『一橋大学大学院国際企業戦略研究科』ってどんな勉強するの?


眞子さまと婚約することとなった小室圭さんが現在通われているという

『一橋大学大学院国際企業戦略研究科』

エリート臭が半端ない・・・

どんなところで、どんな勉強をされ、将来どのような仕事をされるのだろう・・・

スポンサーリンク

一橋大学大学院国際企業戦略研究科

一橋大学の6つ目の大学院研究科として千代田キャンパスに設置されています。

2000年にスタート。

  1. 国際経営戦略、金融戦略
  2. 経営財務
  3. 経営法務

3つの職業分野において、グローバルな規模で社会に貢献できるスペシャリストの育成に焦点をあてた高度な専門教育を行う

とのことです。

その中で、企業等で働く社会人を主な対象としているのが、

  • 経営財務
  • 経営法務
  •  

    経営財務コース

    ビジネスの現場で活用できる金融の知識と技術を有する人材の育成を目指し、 「計量ファイナンス系」と「経営財務系」の2分野を有するMBAコースがあり、学習目的に応じて学ぶことができる。

    経営法務コース

    高度で実務的な法学教育を行うという目的のもと、会社法、経済法、知的財産法、金融法、労働法、租税法、などビジネス・ローに特化した数々の科目が用意された社会人向け大学院だ。

    共に2年間の修士課程に加え、博士課程も有しているとのこと。

  • 学んだことをビジネスの現場で使いたい
  • より深く学ぶことによって専門職への道を拓きたい
  •  
    とにかく、単に上昇志向とかそんな安易なものではなく、もともと優れた能力を有し、選ばれた人のみ学ぶことを与えられた人達が集まる場所みたいな。

    ちょっと別格なイメージがしますね。

    そして、なんと授業は平日の夜。
    月曜から金曜日の2コマ
    18:20~19:50
    20:00~21:30

    ここに通う人はもともと最先端で働く企業戦士だったりするはず。
    そんな普段からバリバリに仕事をこなしながら、仕事終わりに勉強って・・・

    どんだけ私たちと差をつける気だ・・・

    なんか・・・焦るわ。無駄に・・・

    どういう職種に就くの

    企業に務めながら大学に通う人も多いとのことで、
    バックグラウンドは様々。

    経営法務コースは、金融、法律専門、製造業、官公庁・教育機関など

    では、小室圭さんの場合は?

    小室圭さんはどのコースでどんな仕事に就くの?

    現在『奧野総合法律事務所・外国法共同事業』に務めているとのことです。

    こちらは弁護士事務所のようです。

    小室圭さんは現在弁護士の資格は持っておられないとのことですが、

    恐らく、いずれは弁護士を目指し、現在経営法務コースで学びながら弁護士の勉強もされているのかな?と勝手に予測

    いずれにしても簡単なことではなく、本当に勉強漬けの毎日となっていそうです。

    まとめ

    眞子さまと婚約される小室圭さんが通っておられるという『一橋大学大学院国際企業戦略研究科』について調べてみました。

    現役の先鋭人たちが、さらなるレベルアップを目指し、平日の夜間仕事帰りに学ぶところでした。

    小室圭さんが弁護士を目指しているかどうかは不明ですが、
    弁護士事務所に籍を置いておられるようなので、大学で勉強しながら弁護士を目指している可能性は大です。

    とにかく!

    これまでに見てきた、清子様や典子様のご結婚相手とは違う。

    かなりバッリバリのエリートビジネスマンという感じ。

    海外とかにもガンガン進出しそうです。

    イケメンだし!

    眞子さま、どうぞお幸せに^^

    ここまでお読みいただきありがとうございます。

    あなたに届けるピンフルエンサー!

    追記

    17日の会見おいて、

    −小室さんは法律事務所でどういったお仕事をされている?
     「こちらの法律事務所では、パラリーガルと申しまして、法律事務に携わらせていただいております」

    パラリーガル(paralegal)は、弁護士の監督の下で定型的・限定的な法律業務を遂行することによって弁護士の業務を補助する者。【wikipediaより】

    −将来は国際弁護士になりたいという話もあるが。
     「それについてはですね、今後考えを巡らせていこうと」

    −目指すべきものがある?
     「しかるべき時期が来ましたら、色々と考えを巡らせていきたいと思います」



    スポンサーリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *