織田裕二とディーンフジオカのドラマ『IQ246』脚本家とプロデューサーはあのヒット作を手掛けた人

IQ246

2016年10月スタートの日曜劇場で、織田裕二さんが『IQ246〜華麗なる事件簿〜』に主演することが決定しました。

共演者は土屋太鳳さん、ディーン・フジオカさん、中谷美紀さんと豪華な顔ぶれですね。

あらすじや脚本家、プロデューサーについて調べてみました。

どんな内容の話になるのでしょうか?

織田裕二主演ドラマIQ246ディーンフジオカと初共演者 あらすじとネタバレ

早速まいりましょう。ドラマの内容(あらすじ)について

関連記事
IQ246の織田裕二さんはなぜあの話し方?の理由について(動画あり)

スポンサーリンク

あらすじ

法門寺家という名家において、代々犯罪研究に力を入れてきた学究派の家系の長男紗羅駆(しゃらく)(織田裕二)はIQ246という天才。刺激が少なすぎると暇を持て余していたところ難解な事件に遭遇し、次々と犯行手口を言い当てる。
自らが解くに値する美しい事件を求めてさすらい、IQ246の頭脳をもって事件を解決へと導く本格ミステリー。

一話完結

物語は一話完結型とのことで、途中抜けても大丈夫。私はこれを「コナン型」と呼んでいますが、コナンもはじめは一話完結だったのに、とちゅうでズルズルと・・・。

年寄は体力(持久力)がないから一話完結の方がありがたいんじゃ・・(笑)

キャスト

法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく):織田裕二

  • 法門寺家の長男で89代目当主
  • IQ246の頭脳をもつ
  • 口癖は「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」

和藤奏子(わとうそうこ):土屋太鳳

  • 沙羅駆を警護するために警視庁から派遣された猪突猛進型の刑事
  • 理性よりも感情で動くタイプ
  • 惚れっぽくて時には犯人にさえもあらぬ妄想にかられるほどの恋愛体質
  • 食欲が半端ない
  • 真面目で正義感もあり、この物語最大の「良心」かも

89代目 賢正(けんせい):ディーン・フジオカ

  • 法門寺家に代々仕える当代の執事
  • 人格者で謙虚
  • 子供じみた天才紗羅駆をフォローしたり、紗羅駆を危険から守るために武芸のたしなみもある

森本朋美(もりもとともみ):中谷美紀

  • 沙羅駆の推理能力に魅了される風変わりな法医学専門医 監察医
  • 頭脳明晰な紗羅駆のファンになり、言いなりになる。が軽くあしらわれる
  • 変わり者

では、スタッフについてみてみましょう!

脚本家やプロデューサーのこれまで手掛けた作品をみて、IQ246の方向性やゴール地点がイメージしてみたいと思います。

スタッフ

脚本 泉澤陽子(いずみさわ ようこ)

2009年「恋うたドラマスペシャル『三日月』」で脚本家デビュー
koiuta

【代表作】
2013年 安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜
2014年6月BD、DVDソフトが発売。初動売上は1億を超え、オリコンBD週間ランキング、同DVD週間ランキングでドラマ部門1位を記録した大人気ドラマでした。
anndou

2015年 大人女子
7回~9回の脚本を手掛けておられました。
初回~低視聴率だったため急きょ脚本家交代か?と話題になりました。
otonahyoushi

テンポがよく歯切れのいいイメージですね。

プロデューサー 植田 博樹(うえだ ひろき)

TBSテレビ制作1部所属エキスパート職プロデューサー
【代表作】
2000年 『ビューティフルライフ』

前任者から受け継ぎ、プロデューサーを担当、最終回は平均視聴率41.3%を記録
1

2000年 ブラックジャック
手塚治虫『ブラックジャック』実写版。
b

2004年 オレンジデイズ

2006年 タイヨウのうた

2010年 SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜シリーズ
SPECシリーズ全作にわたりプロデューサーを担当しておられます
ドラマから始まり、2012年、2013年に映画も公開。
『劇場版 SPEC〜天〜』は最終興収23.9億円の大ヒット作となりました。
SPEC

2013年 安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜
脚本家の泉澤 陽子氏とタッグを組んでおられます。

その他ヒット作多数!

コメディよりは、シリアスな路線の作品が圧倒的に多い印象です。

また、人間の内にも迫る内容のドラマが多いような気もします。

まとめ

織田裕二さん主演のIQ246〜華麗なる事件簿〜
天才紗羅駆が難解な事件を次々と解決してゆくなかで、護衛として真逆のタイプである土屋太鳳演じる警察官や、イケメンの執事、そして、変わり者の監察医がからむ、本格的なミステリードラマ。

脚本は大ヒットドラマキムタク主演の『安堂ロイド』を手掛けた泉澤陽子氏、プロデューサーはSPEC等の大ヒットメーカーである植田博樹氏。

本格的なミステリーと言いながらも、一話完結ドラマということで、
毎回テンポよく難解な事件を次々と解決に導く様子が目の離せない1時間になることが予想されますね。

日曜劇場ということで、
人間模様を描く泥深いドラマよりは、爽快なミステリーというイメージでしょうか。

織田裕二さんとディーン・フジオカさんのからみも楽しみですね。

現場の様子も気になるところです。

仲いいのかな・・・

関連記事

IQ246ディーンフジオカの眼鏡ブランドはクーレンズ!画像と価格と購入方法

IQ246の織田裕二さんはなぜあの話し方?の理由について(動画あり)

織田裕二さん櫻井・有吉THE夜会 に出演!織田さんの好きなガムはこちらで購入!

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

<広告>
資産を4倍にしたアカデミー!
子育て中のママへ!お金の心配ばかりしていませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*