紅白歌合戦でイエモンTHE YELLOW MONKYが『JAM』を披露!動画あり


31日に行われた紅白歌合戦でTHE YELLOW MONKYが初出場し、名曲『JAM』を披露されました。

学生時代、この歌をずっと聞いていたことを思いだし、切なくなりました。

動画をご紹介します。

紅白歌合戦でイエモンTHE YELLOW MONKYが『JAM』を披露!動画あり

早速動画をご覧いただきましょう!

スポンサーリンク

THE YELLOW MONKY『JAM』動画

JAM

1996年に発売されました。
THE YELLOW MONKEY9枚目のシングルです。

『JAM』は累計80万枚をセールスしました。

これは、最大のヒットとなった「BURN」に次ぐ記録です。

作詞作曲された吉井和哉さんは、

「ある日自分が抱えている不条理を、全部紙に書いてそれに曲を乗せた7分近いバラードを作った。 社会的なこと、プライベートなこと等、思うことを遠慮なく全部書いた。 今ならそのまま世に出せるが、当時はそういうわけにはいかなかった。少しずつ詩を削っていき、 5分ちょっとの曲になった」【Wikipediaより引用】

また、

『君に逢いたくて』というくだりは、当時、娘に向けて書いたんです

と語られています。

JAMの人気

ファンからの人気も高く、解散後も依然と高い人気を誇っています。

2004年 ORICON STYLEの人気投票、
2012年 ナタリー×レコチョクで行われた人気投票

ともに第1位となりました。

JAM公式動画

31日朝日新聞にJAMの歌詞が掲載される

JAM歌詞

2017y01m01d_001751428

まとめ

私もイエモンが好きになったきっかけは『JAM』でした。

当時本当にずっと聞いていました。
発売されたのは10代でしたが、よく聞いていたのは20代前半。
社会に出て、仕事でもプライベートでも悩みまくってた時期でした。

そんな時にJAMは私の心にどストライクに入り、まさに不条理に共感し、曲を聴くことで自分自身の心を癒していたような気がします。

今日本当に久しぶりにこの曲を聞きましたが、涙が出そうになりました。
懐かしいのと、当時つらかったときの思いと、そして吉井さんの衰えない声にも感動しました。

本当に感動しました。

JAMは間違いなく、今後も歌い継がれる名曲であることを実感しました。

今聴いても全く遜色のないJAMは本当に素晴らしい!

今年イエモンが再集結しましたが、また全国ツアーして欲しいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*