杉山晋輔事務次官の指輪や香水やロウソクとは?夫人についても調査!

Pocket

日露交渉や拉致問題など多くの問題を抱える外務省において、6月に留任することが決まった事務方トップの杉山晋輔事務次官。

そんな杉山事務次官の自宅の高級マンションで女性からの110番騒ぎがありました。
通報したのは、杉山事務次官の奥様。

結局タダの夫婦喧嘩だったようですが、奥様が110番ってちょっと気になる気になる・・

いや!めちゃくちゃ気になる!

それに、杉山事務次官を検索すると、指輪や香水などのワードが出てきます。
官僚からはイメージできない言葉がずらり。

今回は、杉山事務次官について、また奥様について調べてみました!

スポンサーリンク

110番騒ぎ

今回の110番騒ぎをまとめると、

6月の上旬、深夜1時ごろに都内高級マンションの一室から女性の声で警視庁に110番通報があった。

近所の住民の目撃証言によると、

「廊下のあたりで、品のよさそうなご婦人が制服を着た警察官3人に囲まれていましてね。女性が必死に何か訴えている様子でした」【http://news.livedoor.com/article/detail/13334957/より引用】

この訴えていた女性が杉山事務次官の夫人。

証言が事実であれば、相当興奮している様子が伺えますね。

そんな重要人物の奥様が興奮するような出来事って、

テロなの?!

いえいえ。

杉山次官が手を上げたとかで奥さんが逆上し通報したそうです。現状では事件性ナシという判断でその場は引き揚げたようですが」

犬も食わぬというやつですね。

しかし、DVなら逆にもっと話題になってもよさそうですが、そこは外務省事務方トップということで、各種報道を控えたということでしょうか・・・

でもDVなら、もしかして普段から奥様がかなり虐げられてるのかしら?
なんて思えるのも自然。

どんな奥様なの?

杉山晋輔事務次官の夫人

杉山晋輔事務次官といえば、外務省事務方のトップ。
とはいっても夫人は一般人。

ということで、情報はほとんどありませんでした。

しかし、結構な強者と思えるエピソードを発見!

ご紹介します。

ロッテグループの重光昭夫副会長(当時)に暴言!

杉山氏は2000年から4年間、在韓日本大使館公使としてソウルに赴任されていました。

在任中、ソウルにあるロッテホテルのロビーでロッテグループの当時副会長だった重光昭夫氏に対して、以下のような暴言を放ったとされています。

「たかが商人の分際で、大使館の政治部長夫人をバカにするの!」

「政治部長は国を動かすぐらいの力があるのよ。私が手を回せば、商売をできなくすることだってできるのよ」
【http://www.elneos.co.jp/0808sf1.htmlより引用】

(在韓日本大使館では、杉山氏は「政治部長」と呼ばれていたそうです。)

どうしてこのような発言が飛び出したのか、その時の状況はわかりかねますが、
こんな発言、普通はしない!

夫婦喧嘩も間違いなく強烈だろうな~。

政治家夫人って品があって、おしとやかで夫の3歩後ろを歩くイメージでしたが、違った・・。

夫人の情報はほとんどありませんが、このエピソードだけで十分その人となりが伺えますね。

では、最後に杉山晋輔事務次官について。

杉山晋輔事務次官

生年月日:1953年5月14日
年齢:64歳
出身:愛知県
父親:国際法学者杉山茂雄(法政大学名誉教授他)

学歴

東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。
早稲田大学法学部中退
在学中に外交官試験に合格。

略歴

1976年10月 外務公務員採用上級試験合格
1977年3月 早稲田大学法学部中退
1977年4月 外務省入省
1992年10月 経済局国際エネルギー課企画官
2000年4月 在大韓民国日本国大使館公使
2004年7月 在エジプト日本国大使館公使
2011年1月 アジア大洋州局長
2013年6月 外務審議官(政務担当)
2016年6月14日 外務事務次官

エリートコースを駆け上がってこられたことが伺えますね。

杉山氏は早大在学中に外交官試験に合格し、東大はじめ旧帝大出身などが歴任してきた外務省において初の私大出身次官となった異能の官僚です。

実力者であるとともに、その社交性も評価を得ておられるようです。

社交性に関係あるかどうか不明ですが、杉山事務次官の特技がスゴイ!

特技

「杉山と言えばロウソク」
と永田町界隈では有名とのこと。

ロウソクって何?

〈料亭では、裸になって肛門にろうそくを立て、火をつけて座敷中を這い回るという「ろうそく遊び」なる下劣な座敷遊びに興じていた〉

これは、鈴木宗男元内閣官房副長官の『闇権力の執行人』に書かれてある一節。これがまさに杉山事務次官のことなのです。

料亭での情景を想像・・・しないでおこう・・

指輪

そして、検索ワードに出てくる指輪。

杉山事務次官は両手にごつい指輪をしていることでも有名。


【https://www.dailyshincho.jp/article/2016/06240552/?all=1より引用】

「彼は常に指輪を3つもはめている。そのうち1つはゴールド、1つは緑の石のついたもの。初めて見た人はだいたいギョッとして目を逸らします」

女性でも3つしている人はめずらしい。

それが男性、しかも官僚ならなおさら目立ちますね。

お写真を見る限りでは、それほどハデハデな指輪ではないようですが、さすがに3つは目立ちます・・

香水

そして、杉山事務次官は香水の香りが強い事でも有名!

「1メートル以内に入れば間違いなく鼻に来ます。

お気に入りの一つはカルバン・クラインですが、量がすごい。

ですから私は常々、杉山さんとは同じエレベーターに乗らないようにしているんです。

同乗した日には、こっちの背広に匂いがついて、女房に痛くもない腹を探られてしまいますからね」

香水の匂いって、自分ではわからないと言いますからね。

満員電車でこれやられると嫌がらせに近い・・

杉山事務次官クラスにもなると電車には乗らないかしら?

まとめ

外務省事務方トップの杉山晋輔事務次官の奥様が深夜に110番通報し、その理由が夫婦喧嘩だったことが明らかになりました。

杉山事務次官も一癖ありそうな印象ですが、奥様も結構な強者のご様子。

夫婦喧嘩も激しそうです。

実は杉山事務次官は、1997年「週刊ポスト」によって、

外務省高官が93年から2年間で外務省報償費(機密費)2億円を勝手に引き出し、遊興費やプレス対策などに使用した

と報じられています。

これについてあまり騒ぎになることはありませんでしたが、
今後掘り返される可能性は否定できませんね。

今後も注目されるところです。

ここまでお読みいただきありがとうございます!

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*