デスモイド腫瘍のTOKIO国分太一さんDASH登場なしの理由を探る

kokubun

TOKIOの国分太一さんが7月31日放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」に一度も登場しなかったことで、グループ内での孤立を心配する声が上がっています。

以前より「ザ!鉄腕!DASH!!」に出演されないことはありましたが、話題にもならず過去のVTRにも登場しないというのは異例のこと。

テレビを見ていて少し違和感を感じました。

2009年にデスモイド腫瘍を発症し手術をされた国分さんですが、デスモイド腫瘍は再発が多い病気と言われおり、持病の悪化なのでは?

デスモイド腫瘍の病態と国分さんのDASH出演無しの理由について関連性を探ります。

DASH出演なしの国分太一さんデスモイド腫瘍の持病悪化が原因か?

7月31日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』番組内容は「DASHご当地PR課」と「DASH海岸」の2本。

ご当地PR課では長瀬智也さんと松岡昌宏さんが徳島県三好市を訪れ、山深い渓谷の秘境の町をPRされました。

秘境ということで、ロケ先は最寄りの高知龍馬空港から車で2時間半かかる場所。
そこで二人は町の人々と一緒に全長1.5㎞の流しそうめんにチャレンジされました。

また、DASH海岸では、城島さんと、山口達也さんが登場され、
横浜DASH海岸に設置した高級イカ『コウイカ』の産卵カゴになんとか卵を産み付けてもらおうと天敵であるカワウ対策にカカシを作成。
カワウを排除することでコウイカは産卵カゴに115個の卵を産み付けます。そして見事孵化に成功。

この二つの企画に国分さんは全く登場されず、また過去のVTRにも登場されませんでした。

「長瀬と松岡は、その場にいない城島のことを話題にしていましたが、
国分については一言もありませんでした。
興味がないというより、あえて無視しているようにも見えました。
番組を多数持っている国分が『ザ!鉄腕!DASH!!』に出ないことはたまにありましたが、
話題にもならず過去の出来事を振り返るVTRでも登場しないというのは異例のことです」
(テレビ制作会社社員)

心配になりますね。

そして、気になる持病『デスモイド腫瘍』については?

スポンサーリンク

デスモイド腫瘍

まずはデスモイド腫瘍の病態について見てみます。

デスモイド腫瘍とは

デスモイド腫瘍:線維(せんい)性の軟部腫瘍で、転移はしない「良性」のこぶのような腫瘍ですが、全身どこにでもできて、大きくなったり再発したりすることがあります。例えば家族性大腸ポリポーシスの手術をきっかけに、お腹の中にデスモイド腫瘍ができる場合があり、内臓や血管、神経などを圧迫してさまざまな症状を出すことがあります。

デスモイド腫瘍の定義

  1. 分化した線維芽細胞の増殖
  2. 細胞間に膠原線維の存在
  3. 浸潤性発育形態
  4. 悪性所見を欠く
  5. 転移はないが局所再発がある

悪性ではないものの、浸潤性に増殖するため、神経を巻き込み手術による摘出が難しいとされています。

デスモイド腫瘍の分類

  • 腹壁外デスモイド
  • 腹壁デスモイド
  • 腹腔内デスモイド
    の3 型に分類される
  • 国分さんはがどの分類であったかは発表されていないようです。

発生頻度は腹部外43%、腹部49%、腸間膜8%と報告されています。

デスモイド腫瘍の原因

明らかにはなっていないようですが、
遺伝子異常、外傷、手術による変化などがあげられており、またデスモイド腫瘍の33%にエストロゲン受容体を認めると報告され、ホルモンの関与が推測されているようです。

治療方法

治療は外科的な完全摘出が行われます。
周囲臓器に浸潤性に発育するため、多くの症例では小腸、結腸あるいは他臓器との広範囲合併切除が行われています。
完全摘出が不可能な症例や再発予防に抗エストロゲン剤、ステロイドの投与、また放射線療法、化学療法が試みられるが有効ではないそうです。

予後

Gardner 症候群に合併したものは90%に再発を認め、非合併例は11.3%に再発を認めたと報告されています。

【以上デスモイド腫瘍について日消外会誌 33巻 5号630-633参照】

予後を見ると再発率が高いです。

治療についても手術での摘出が第一の選択となるようですが、再発率も高くまだまだ治療が確立されていないことが伺えます。
Gardner症候群を合併すると90%に再発が見られるとのことですから、国分さんがGardner症候群を合併していないことを願うまでです。

2015年の結婚会見で手術を告白

昨年2015年9月15日に国分さんは結婚会見を行ました。

その中で、腫瘍を摘出する手術を受けていたことを明かされ、さまざまな方面に衝撃が走りました。
奥様とご結婚を決意されたのも、当時大病を患った時の支えがあった為と説明されています。

手術は腹筋を3枚切除したそうで、当時現状について「今もこぶしくらい穴が開いている。筋肉が再生することはない」と報告されていました。

それを受けて、これまで国分さんがDASHに登場するたびに、

「国分はDASH村の収録があまり好きではない」
「ゲストの国分が来た」
「メシどきを狙ってきた」
「国分は食うだけ」

など、多くの批判が上がっていましたが、

発表後は

「DASH島で力仕事してないのはそういうことか」
「力仕事でツラそうだったのは理由があったんだ。これからは無理しないでロケしてほしい」
「『島の力仕事全然してない』とか言って、すみません」
「力仕事嫌いだと誤解してた。ごめん」

国分さんへの同情の声やこれまでの批判に対する謝罪の言葉が多く上がりました。

手術は腹筋3枚切除したということですが、腫瘍が大きく周辺組織にも浸潤していたと想像できます。

こぶしぐらいの穴が開いているのだから、大変な手術だったことが伺えますし、術後も手術創が回復するまでに時間がかかったのではないでしょうか。

まとめ:DASH登場無しの理由

国分さんは2009年にデスモイド腫瘍で手術をされました。
これまで、DASHでの露出が少なく、視聴者からも多くの批判を受けていましたが、
理由が「デスモイド腫瘍」であることは間違いなさそうです。

しかし、既に手術から7年経過し本来なら完治していてもおかしくないはず。
なのに、ロケなどの体力が必要な仕事はセーブしているように見えます。

デスモイド腫瘍は再発が高確率でおきる病気です。

国分さんも例外でなく、再発している可能性は十分考えられます。

デスモイド腫瘍は浸潤性に増殖していくため、周りの臓器を巻き込み摘出も難しいとされています。
再発がなかったとしても、術後に傷がなかなか治らないと言ったこともあり得るのではないでしょうか。

いずれにしても、国分さんだけDASHに登場しないのは少し違和感を感じますね。

なんらかの発表をするなり、ファンを安心させてほしいものです。

 
TOKIO
【http://goo.gl/y3Vfshより引用】

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*