ネイマール選手が禁錮2年と罰金約10億円を求刑された!?

nnneiru

サッカーのスペイン1部リーグ、リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属のネイマール選手が23日、禁固2年と罰金約12億円を求刑されました。

禁錮2年とは収監されちゃうってことですよね?

ちょっとびっくり!いやかなりびっくりです!

しばらくネイマール選手がフィールドから姿を消すってことになるのでしょうか・・・

ネイマール選手が禁錮2年と罰金約10億円を求刑された!?

スポンサーリンク

報道内容をまとめると

1.スペインの検察は2013年にブラジルのクラブ(サントス)からバルセロナに移籍した際、ネイマールに不正な手続きがあったとして、禁錮2年を求刑した。

2.前バルセロナ会長のサンドロ・ロゼル氏に5年の懲役刑を要求した。

3.ブラジルクラブ(サントス)に罰金840万ユーロ(約10億)を要求した。

訴えたのは投資ファンドDIS

事の発端は、投資ファンドDISによる訴状に由来します。

DISはネイマール移籍先への移籍権の40%を所有していました。

しかし、移籍時の手数料が本来の受け取る権利(金額)より少なかったと主張し告訴。

この時、バルセロナはサントスに約23億9千万円とネイマール選手の父親が所有する『N&N』社に約56億円を支払ったと発表しています。

6月にバルセロナはスペイン当局に約6億6千万円を支払うことで問題を解決に導こうとしました。

しかし、9月に検察側はこれを覆し、今回の求刑に至りました。

過去には脱税で資産凍結

ネイマール選手は過去にもお金の問題を多く起こしていました。

2015年、19億円の脱税容疑で約57億円の財産凍結を命じられています。

また、2016年2月にも脱税容疑でサンパウロの裁判所から私有のヨットやジェット機などの差し押さえを含む約55億円相当の資産を凍結されています。

そして、今年1月、過去(2007年、2008年)の脱税で、約1278万円の罰金を科せられていました。

メッシも21カ月の懲役刑を宣告されていた!

バルセロナのチームメイトのリオネルメッシ選手も今年初めに脱税詐欺の容疑で21カ月の懲役刑を宣告されています。

メッシ選手は判決に対し控訴しています。

スペインの法的制度の下では、2年以下の刑期は通常延期されるそうです。

執行猶予がつくということでしょうか・・

http://www.golaco.club/articles/1886

http://www.golaco.club/articles/1886

まとめ

スペイン1部リーグバルセロナのフォワード、ネイマール選手がスペイン検察から2013年移籍時の不正を理由に禁錮2年、罰金10億を求刑されました。

海外の記事をみると罰金を要求されたのはクラブ(バルセロナ)のようです。

これまでも脱税容疑で資産凍結を経験しているネイマール選手。

2015年にはフランス・フットボール誌が発表したサッカー選手の最新年収ランキングによると、ネイマール選手の年収は48億円でした。

これは世界で3位でした。

それでも脱税の罪は重く2015年2016年と合わせて100億円以上の財産凍結が命じられたと報道されています。

金額が凄すぎてイマイチぴんとこない・・・

そして、禁錮刑について、

禁錮2年は本来なら2年間刑務所で過ごすということです。

ネイマール選手が刑務所に収監なんてかなり衝撃的なニュースだ!と思いましたが、通常2年以内は延期されるらしいですね。

2年間にまた脱税やったら今度は実刑になるってことかしら・・

今後、ネイマール選手はもちろん控訴すると思われます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*