ニコラス・セペダの正体は?父親は資産家?YouTube声明動画の内容と現在の居場所


フランスに留学中の黒崎愛海さんが行方不明になっている事件において、元交際相手の男性ニコラス・セペダ容疑者がYouTubeに声明動画を投稿していることが明らかとなりました。

動画は2分10数秒、

この動画は僕の声明を述べるためのものです

から始まります。

無表情で淡々と語る姿は容疑者とわかっているだけに凶器そのものに見えてしまいます。

このニコラス・セペダという男性、一体何者なの?
正体について調べると・・・なるほど・・なかなか実名報道されなかった理由がわかるような気がしました。

ニコラス・セペダの正体は?父親は資産家?YouTube声明動画の内容と現在の居場所

動画は9月7日に投稿されていました。

スポンサーリンク

動画

声明内容全文

やあ

この動画は僕の声明を述べるためのものです。

最近愛海は悪いことをしたんで
僕たちの関係を維持するために
いくつかの条件に従っているんだ。

それだけど
僕たちは他の方法で何とかやっていくべきだと僕は信じているんだ
そんな条件なんかなしでやっていく方法をね

お互いを信じて、正直に、隠し事せずに
その方が良いと思うから

声明としては、その条件のいくつかは彼女のフランス滞在中ずっと適用され、またいくつかは永遠に適用される

あ、声明はこれね

もし愛海が条件を2週間守れたら、今から2週間今日は7日の水曜日

なんの影響もなくその条件をナシにする
この件に関しては無影響でね

だから

9月21日だね
9月21日まで条件を守れたら
条件は無しにする

僕だってこんな風にしたくないから

条件に従ったままでなんて彼女にも居てほしくないから

でも同時に
彼女はもう一度信頼を作り上げて

彼女は

自分のしたことに対して
少しの代償を払う必要があるかな

そう思う、思うんだ。

ふらふら出かけて彼女を好きな奴と

また同じような間違いを犯さないように

そう2週間

怖いですね。

黒崎さんが何をしたか明らかではありませんが、一方的にルールを押し付ける様子が私には理解できない・・・

文化の違いでしょうか・・

しかし、個人的には、

ふらふら出かけて彼女を好きな奴と

また同じような間違いを犯さないように

ここが気になりました。

二人の間に別の男性がいるということでしょうか・・・

『同じような間違い・・』

男女の関係か?っと勝手な想像をしてしまうのですが・・・

もしそうだとすれば、セペダ容疑者の執拗な性格を考えると、愛海さんに対する怒りは相当なものであったことが想像できます・・

仲の良い動画を投稿

2人の交際は2014年、セペダ容疑者が筑波大に留学したときから始まったようです。

交際当初は順調だったことがセペダ容疑者の投稿した動画から見て取れます。

セぺダ容疑者は黒崎さんとの動画を複数投稿していました。

台湾やチリ?スキーで雪山を訪れる様子が投稿されており、
すぐにお金に換算んしてしまう私としては、

『学生の身分でどこからこの資金が出ているのだろうか・・』と思ってしまいました。

調べてみると、セペダ容疑者はどうも資産家のボンらしい・・・

ニコラス・セペダの正体

ニコラス・セペダ・コントレラス(Nicolas Zepeda Contreras)
年齢:26歳
セペダ容疑者の親はチリの最大手携帯会社(Telefonica Chile)を経営。
チリ大学に進学。

ご覧の通り、ボンボンだったようです。

しかも、チリ大学ということでかなりのエリートだったことも明らかとなりました。

黒崎さんが行方不明になり、容疑者が特定されても国籍や実名が出なかった理由が分かるような気がします・・

セペダ容疑者のこれまでの動き

ネットでの情報をまとめてみました。

2014年
1年3か月筑波大に国費で留学
大学内の語学サークルで黒崎さんと知り合い、交際スタート
二人で海外旅行をするなど当初は順調に交際

次第にセペダ容疑者の本性が表面化。黒崎さんは友人にセペダ容疑者からのDVを相談、家族もセペダ容疑者との交際を止めるように忠告する

セペダ容疑者留学を終えチリに帰国

2016年4月
3か月間の観光ビザで来日
黒崎さんのマンションに転がり込む形で同居

7月
セペダ容疑者7月チリに帰国

9月
黒崎さんフランス留学
黒崎さんのフェイスブックにセペダ容疑者が不正アクセス、写真、アドレス等すべて削除

9月7日
声明動画投稿

12月4日
黒崎さんとレストランで食事をする

12月7日
鉄道でスイスに出国、レンタカーを借り、チリに帰国
父親の所有する白いピックアップトラックの荷台に隠れるように乗り込む(近所の白人風男性が証言)、500キロ離れた母親のマンションへ向かう

12月29日
セペダ容疑者国際指名手配。

2017年1月5日
チリ警察は「フランスから決定的な証拠が出されなければ逮捕は難しい」と声明

フランスは遺体の捜査規模を拡大 、フランス国家憲兵隊も動員、車のGPS情報をもとにブザンソンの森を捜索
チリの放送局がNicolás Zepeda Contrerasの名前と写真を報道を始める

6日
フランスの放送局が実名、写真報道を始める

ニコラス・セペダ容疑者の現在の居場所

現在
母親のマンションに潜伏中と思われます。

が、しかし!

チリ警察は父親の権力に押さえつけられ動けない。
フランス警察に「黒崎さんを見つけなければ逮捕できないよ!」と言う始末・・

フランス警察は現在必死で黒崎さんを探しています。

まとめ

ニコラス・セペダ容疑者の声明動画が明らかとなりました。またセペダ容疑者の正体も明らかになりました。

父親が権力者であり、南米チリにおいて警察はその権力に押さえつけられ動けない様子が伺えました。

普通ここまでわかっているなら逮捕し本人からの取り調べが行われるはずです。

権力によって見逃されている状況に憤りを感じずにはいられません。

この事件がいち早く解決することを願います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*