乙武洋匡さんが離婚を発表!コメント全文と離婚までの道のり(経緯)

乙武洋匡 離婚発表 コメント

乙武洋匡さんが14日、自身のサイトで妻仁美さんとの離婚を発表されました。

やっぱり・・

乙武さんのTwitterにあげられたコメント全文と、これまでの経緯について振り返ります。

乙武洋匡さんが離婚を発表!コメント全文と離婚までの道のり

まずは14日に発表されたコメントについてみてみます。

スポンサーリンク

離婚発表コメント全文

乙武洋匡 離婚発表 コメント

皆様へ

この度、私、乙武洋匡は、妻・仁美さんとの離婚が成立しましたことをご報告させていただきます。

 私自身に至らない点が多々あったにも関わらず、15年という長い歳月、家族のために尽くしてくれた彼女には感謝の念が尽きません。

 夫婦としては別々の道を歩むことになりましたが、子どもたちの父親であることには変わりありません。今後も彼らに恥じぬよう、父親としての責任をしっかり果たしていく所存です。

 日頃より応援してくださる皆様には大変心苦しいご報告となってしまいましたが、夫婦で話し合った結果、今回の決断が家族それぞれにとって最善との結論に至りました。

 今後は、彼らが少しでも平穏な生活を送ることができるよう、ご理解、ご協力を賜ることができれば幸いです。

 この度は個人的なことでお騒がせし、またご心配をおかけしましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。

    2016年 9月14日  乙武洋匡

そして、Twitterです。

では、不倫発覚から離婚までの経緯について振り返ります。

不倫発覚から離婚までの道のり

結婚15年目を迎えようとする結婚記念日の前日、2016年3月24日『週刊新潮』が乙武洋匡さんと20代後半の女性との不倫旅行を報じました。

2015年クリスマスから今年の正月にかけて、チュニジアやパリなど8日間にわたる旅行でした。

乙武さんは不倫の事実をすぐに認めます。

これまで『五体不満足』が大ベストセラーとなり重度の障害を抱えながらも、明るく爽やかなイメージで人気を博した乙武さんの不倫報道は、世間から大バッシングを受けることとなりました。

重度の障害を抱えていることで、私生活の苦労は想像に難くありません。

乙武さんの生活全般の介助を行っている妻仁美さんの心情を思うと、世間からの批判は相応のものでした。

しかし、夫婦間の思いは違ったようでした。

乙武さんは、自分に加えて子供の世話もする仁美さんに対し、
「自分がいないことで、仁美さんがゆっくりと時間を過ごせるようになる」
と考えたようです。

そして、夜10時を過ぎたら家に帰らず、住み込みのボランティアスタッフが世話をする事務所などに泊まるようになりました。
これは仁美さんへの配慮でした。

しかし、次第にこの生活が当たり前となり、女性の姿がちらほらと出てくるようになったようです。

もともと女性好きであったとも報じられています。

ただ、妻の仁美さんもこれには気づいていたようで、

「仁美さんは乙武さんに見え隠れする女性の存在に、気づかないふりを続けていたはずです。乙武さんが家に帰らず、外にいる誰かに世話をされていることで、むしろ夫婦関係のバランスが保たれていたことは否定できません」

事実、仁美さんは不倫発覚後、自分にも否があったと認めておられました。

そして、不倫が発覚し、仕事を抑える羽目となった乙武さんは外出を極力控えるようになります。

一日中自宅で過ごすことも多くなり・・・

「それまでは週の半分以上、家を空けていた乙武さんが24時間自宅に“謹慎”するようになり、仁美さんにかかる負担が目に見えて重くなったんです。3人の子供の世話と家事に加えて、夫の風呂、トイレ、着替えなどで気の休まる時間がまったくない状況でした。彼女は最初のほうこそ気丈に頑張っていましたが、みるみるうちに疲労がたまり、表情が暗くなって塞ぎがちになりました。夫婦間もギスギスし始めて、会話が少なくなりました」

介助の必要な夫と一日中一緒に過ごすことのストレスは相当のものであることが想像できます。

今まで半別居だったからこそバランスが保てていたのに・・・バランスが崩壊することは時間の問題でした。

不倫騒動後に公の場で乙武さんは『再出発』を宣言されます。

仁美さんも相当な決心だったはずです。

しかし、やはり、精根尽きて別居へ。

別居報道

6月上旬に仁美さんが8才の長男、5才の次男、1才の長女と3人の子供を連れて夫のいない部屋で静かな暮らしをスタートさせました。

「6月上旬のことです。乙武さんの妻の仁美さんがこう切り出したそうです。“疲れました。もう今の状況は耐えられません。別々に暮らしましょう”──乙武さんはショックを受けて、別居はしたくないと伝えましたが、彼女の意志は固かった。“彼女のためにも、もうそれしかないのか…”と、家を出たんです」(乙武夫妻の知人)

それ以降、乙武さんは都内の事務所暮らしであること、身の回りの世話は母親か事務所のスタッフがしてくれていることなどを明かされていました。

世間の反応

「今後も彼らに恥じぬよう、父親としての責任をしっかり果たしていく所存です」
いやいやいや父親としてあるまじき恥ずかしいことやらかしたヤツが何を言う

わ〜っ離婚かい!まぁしょうがないよね😅

奥さんお疲れ様です。

残念。でもお互い前向いて進んでほしい。子供のためにも。

どうでもいいし。
すぐに、「離婚直後に~」 っていう記事が出そうだけど。

これから身の回りの事どうするのか。

5人と不倫だよね。
そりゃそうでしょ

あまりにもひどすぎたからな。

まとめ

乙武洋匡さんが14日、妻仁美さんとの離婚を発表されました。

発表は自身のサイトで静かに行われていました。

妻に対する感謝は尽きないでしょう。

自身の犯した罪も反省しているはずです。

しかし、恐らくすぐに代わりの女性が出てくるでしょうね。

不倫はしないでしょうが・・・

奥様と子供さんの幸せを祈ります。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*