ロージー・オドネルは女優でコメディアン、同性愛者で子供が5人!Twitterとバロン動画あり

ro00

かねてよりトランプ次期大統領を批判してきたアメリカ人女優のロージー・オドネルさんが、トランプ氏の息子「バロン君」について「自閉症?」とTwitterに書き込み、行き過ぎた行為と猛批判を受けています。

ロージー・オドネルさんについて、またオドネルさんのTwitterやバロン君の動画について調べてみました。

ロージー・オドネルは女優でコメディアン、同性愛者で子供が5人!Twitterとバロン動画あり

いろんな肩書をお持ちの様です。

しかもなかなかの有名人で、トランプ氏への批判のツイートは度々話題になっていました。

そんな中、猛批判を浴びることとなったバロン君に対する「自閉症」のツイートはこちら。

スポンサーリンク

Twitter

「バロン・トランプは自閉症? もしそうなら、自閉症が増えていることに注意を向けてもらう素晴らしい機会になるわ」【http://news.livedoor.com/article/detail/12333040/より引用】

オドネルさんはTwitterにおいてバロン君の動画を投稿し、自閉症の可能性を指摘しました。

この動画はバロン君のぎこちない動きをまとめたもので、別人がつくったYouTubeの動画を自身のTwitter上で共有したものでした。

これに対し、

「他人の子について、同意も得ずになんてことを!」
「まだ10歳の子供についてこんなことを書き込むなんて」

「自閉症だろうがなかろうが、この子がこんな酷い扱いを受ける理由などない。アメリカも終わったな。」
「暴言ばかりするトランプを嫌っていたロージーが、同じようなことをするなんてね。」

などと批判のコメントが殺到しています。

しかも、オドネルさんは、謝罪するどころか、

自閉症スペクトラムの子供を育てたけれど、私は侮辱だとは思わなかった。もっと多くの人が自閉症につき知るべき」

とするツイートをリツイートし、問題となった自身のつぶやきは今も削除していません。

火に油をそそぐオドネルさん・・・

なかなかのつわものです。

では、ここでプロフィールを見てみたいと思います。

ロージー・オドネルさんプロフィール

生年月日:1962年3月21日
出身:アメリカ合衆国 ニューヨーク、アイルランド系
職業:コメディアン、女優、司会者(トークショーホスト)
本名:Roseann Theresa O’Donnell

トムクルーズの大ファン

経歴

ロングアイランドにて5人兄弟の3番目に生まれる。
11歳になる直前に母親を乳がんで亡くす。
ディクソン・カレッジに入学した後、ボストン大学に移るが中退。
ボストン大学では、自らソフトボール・チームを結成するほどの野球好きだったそうです。

1979年から1984年までスタンダップ・コメディアンとしてクラブを回る。

1984年にラリー・キング・ライブのStar Searchに出演。クラブのコメディアン勝ち抜きコンテストで優勝し、その賞金でLAに渡る。

その後2年間で全米49都市を巡業。TVにも出演するように。

1996年から6年間続いたテレビトークショー『ザ・ロージー・オドネル・ショー』のホストとして有名だが、その後もテレビや映画で活躍している。

映画デビューは、
1992年『プリティ・リーグ』 のサード(ドリス、背番号22)役。

http://ameblo.jp/raikonico/entry-12062531053.html

http://ameblo.jp/raikonico/entry-12062531053.html


左はマドンナさん。

1994年には、ミュージカル 『グリース』 でブロードウェイにデビュー。

受賞歴:エミー賞とトニー賞を受賞。

そして、2002年にレズビアンであることをカミングアウトしました。

2004年にサンフランシスコで長年のパートナーであるケリー・カーペンターさんとの結婚を認められたが、米国カリフォルニア州最高裁判所で無効となります。

2012年9月にはミシェル・ラウンズさんと同性婚に至ったが、2014年11月に離婚されました。

http://big-celeb.jp/2015/09/post_3931.html

http://big-celeb.jp/2015/09/post_3931.html


ロージー・オドネルさん(左)とミシェル・ラウンズさん(右)

子供が5人

ロージーには5人の子供がいます。
ミシェルとの間に2人、以前のパートナー、ケリー・カーペンターとの間に3人。【http://wildmelanie.blog66.fc2.com/blog-entry-2381.html?spより引用】

2013年にミシェルさんとの間に女児が誕生しました。

crankin_2252701_1

2013年にオドネルさんとミシェルさんが養子にしたダコタ君(Dakota)
20150207144741521s

コチラは養女のチェルシーさん。
_1_image_size_372_x
ロージー・オドネルさんと養女チェルシー・オドネルさん

チェルシーさんは、元妻ケリー・カーペンターさんの娘です。

チェルシーさんは、2015年に行方不明となり世間を騒がせる一幕がありました。

そのロージー・オドネルの娘、チェルシー(17歳)は精神疾患があるらしいが、薬を飲まず、今月11日より行方不明となっていた。17日にロージー自身がネットで詳細を公開した所、18日に無事チェルシーは保護される。

チェルシーが発見されたのは、ニュージャージーにある25歳のヘロイン・ディーラーSteve Sheererの自宅。
【http://trilingual.minibird.jp/macaronBlog/post-407/より引用】

ネット系出会いサイトで知り合ったとのことでした。

精神疾患とありますね。

今回オドネルさんは、批判への反論のツイートで『自閉症スペクトラムの子供を育てたけれど』と語られています。

これはチェルシーの事なのでしょうか・・・

ロージー・オドネルさん画像

米人気司会者ロージー・オドネルが婚約、夏から交際の女性と

Celebrities Attend Ed Asner's Poker Tournament To Support Autism Speaks

まとめ

アメリカで女優のロージー・オドネルさんが、自身のSNSにおいてトランプ次期大統領の息子のバロン君を「自閉症か?」と書き込み、動画と一緒に投稿したツイートが猛批判を浴びています。

内容をみると、
もしバロン君が自閉症であれば、自閉症を見直す良い機会になるとのこと。

しかし、ネットでは、まだ10歳の子供を巻き込んでしまったことに批判が集まっているようです。

オドネルさんは批判に反論し、現在もそのツイートを残したままにしています。

それがどうも自身も自閉症を育てたと言及しており、自閉症に対する考え方はもしかしたら一般の人とは異なる可能性があるかもしれませんね。

自閉症を持つ親の気持ちは他人には理解しがたいものがありそうです・・

この騒ぎはいつまで続くでしょうか・・・

そして、自閉症にたいする世間の関心は高まるのでしょうか・・

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*