佐戸未和NHK女性記者が4年前に過労死認定!画像や経歴について

Pocket

NHKが4日、4年前の2013年7月に東京の首都圏放送センターに勤務していたNHK女性記者の佐戸未和さんが過労死していたことを公表しました。

死因はうっ血性心不全でした。

自宅のベッドで倒れているのを友人が発見した時には女性はすでに息絶えていました。

31歳という若さで命を落とすこととなった佐戸未和さんについて経歴や画像をご紹介します。

スポンサーリンク

佐戸未和さん画像

佐戸未和さん経歴

2005年3月 一橋大学 法学部卒業

同年 4月 記者職としてNHK入局

2005年~2010年 鹿児島放送局で5年間勤務

2010年7月 東京首都圏放送センター勤務

2013年7月 過労死により他界

当時佐戸さんはどのような仕事をされていたのでしょうか。

当時の状況

佐戸さんは、当時東京都庁の担当で、都庁の記者クラブに所属し、当時都議会選挙や参議院選挙などの取材にあたっていたそうです。

2013年の都議会選挙につづく参議院選挙

都議会選挙は任期満了に伴う選挙で、2013年6月23日に選挙が行われました。

これまで民主党が第一党でしたが、この選挙により大きく議席を減らし自民党が第一党の座を取り戻した選挙でもありました。

投票率は43.50%、過去2番目に低い投票率でしたが、理由については7月の参議院選挙に向けて争点が国政に傾き都民の関心が低かったとしています。

ただ、6月の都議会選挙に続き7月に参議院選挙が行われる状況は、記者としては多忙を極め、私たちの想像をはるかに超えるものと思われました。

過労死認定

亡くなる前の1か月間の時間外労働時間は159時間と認定されていました。

159時間・・・

亡くなった7月25日は参議院選挙の投票日の4日後でした。

遺族は13年10月に労災を申請されます。

翌年4月、労働基準監督署から長時間労働による過労死と認定されました。

このタイミングで公表された理由

佐戸記者の過労死をきっかけに記者の勤務制度を抜本的に見直すなど働き方改革を進めていますが、二度と同じようなことを起こさないという決意を組織内で共有し、改革の徹底を図るため、全職員に伝え、外部に公表することが必要だと判断しました。

まとめ

電通の女性社員が自ら命をたったことは記憶に新しいです。彼女も過労死と認定されています。
それ以前に同じように若い女性が過労死で命を落とされていたことが判明しました。

電通の女性社員にしても、今回のNHK女性記者にしても有能で将来が楽しみな人材だったはずです。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*