T.O.Pの現在の状況は?モクトン病院医師が会見『意識は回復していない』


6日にタプの意識が回復したとソウル警察が報じました。

しかし、
7日、タプの母親が、

「T.O.Pは未だに意識を回復していない。しかし、なぜ警察はそのような発表をしたのか」

と涙ながらに訴えました。

どうやらタプの意識は未だ回復していない様子ですね。

タプの母親の言われる通り、なぜ意識が回復してと報道したのか・・

そして、7日16時にタプが搬送されたソウル梨大木洞(モクトン) 病院の主治医が会見を開きタプの状況について説明しました。

スポンサーリンク

会見の内容

会見は、ソウル陽川(ヤンチョン) 区梨大木洞病院の大会議室で開かれました。

T.O.Pの主治医チェ・フィヨン教授はまず、

「T.O.Pが精神安定剤の過剰摂取をした」
「最初に来院した際、強い刺激にのみ反応した」

と最初に述べました。

搬送時の状況

「2017年6月6日12時34分に到着した。
到着時、患者は3人の仲間によって両手足を持たれた状態だった。
来院当時、応急診察をした。
患者の意識状態は一般的な刺激には反応せず、強い刺激にのみ時折反応する、昏迷状態である。
瞳孔が縮小していた」

現在の状況

「刺激を与えれば目を覚ますが、継続することができない。
意識を取り戻したと判断する場合、10~20秒は覚醒した状態を継続させなければならないが、それができない。
これを踏まえ、意識がきちんと回復した状態ではないため、引き続き集中治療室での治療が必要だ」

と説明。

警察は、刺激を与え目を覚ましたことから、意識が回復したと勝手に判断してしまったようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*