山本圭一さん土下座し謝罪 おかえりなさい皆待っていましたよ。

山本圭一 謝罪

極楽とんぼの山本圭一さんが30日放送の『めちゃ×2イケてるッ!夏休みスペシャル』に出演し、謹慎の原因となった事件の10年ぶりに地上波テレビに復帰、メンバーや被害者女性に対し土下座で謝罪されました。

「いろんな意見があると思うけど、俺の意見を言っていい? 10年って長いぜ?(謹慎は)年数じゃないけど、10年はすげー長い」

と笑いを取りながらも少し涙目で心境を語られました。

山本圭一さん10年ぶりのテレビ番組で土下座し謝罪

山本圭一さん、やっと公の場に姿を現す事が出来ましたね。

本当に長かったですね。みんな長いと思っていますよ、

まずは山本さんの起こした事件について振り返りましょう。

スポンサーリンク

10年前の淫行事件って?

元極楽とんぼ山本圭一氏は、2006年7月、タレントの萩本欽一さんが設立した社会人野球チーム・茨城ゴールデンゴールズの遠征試合で訪れた北海道函館市で、未成年の少女と酒を飲んだうえ暴行したとして警察から事情聴取を受けた。すぐに示談は成立して山本氏は不起訴処分となったが、吉本は山本氏の契約を解除したと発表した。

被害者女性はコチラ

騒ぎが落ち着いてから被害女性は週刊誌のインタビューに応じており、やはり示談金目当てで年齢を偽っていたことを暴露した。

山本さんには、「私は20代です」と言い、年齢を偽っていた。
そして、お互い了承の上でホテルに泊まったことがのちの警察の捜査によって判明したため、山本さんは不起訴となり被害女性とは和解が成立したということのようです。

山本さんん本人が本当に知らなかったのなら、山本さんはむしろ被害者なのでは?なんて思ってしまいますね。

山本さんを擁護するつもりはありませんが、でもちょっとかわいそう。

10年は本当に長かったですね。

番組内で、女性に対し、

「どこで何をしているかはわかりませんけど、10年という年月がたちましたけれども、
本当に申し訳ございませんでした」

山本圭一 謝罪
と謝罪されていました。

芸人仲間からの信頼が厚い

山本さんの復帰を願う芸人仲間は本当に多いです。

「山本軍団」と呼ばれる集団ができていて、そこには、ココリコの遠藤章造さんやロンドンブーツ1号2号の田村淳さんなどが一員だったそうです。

また、
山本さんの人間性や芸人としての才能を惜しむ声も多く、遠藤さんや田村淳さんをはじめ、品川庄司の庄司智春さん、千秋さんらもSNSを通して「もういいじゃないか」と山本さんの復帰を求める声をあげていたようです。

謹慎が長かった理由

これは吉本を辞めたことが最も有力な理由ではないでしょうか。

今回の出演は、かねてから強く復帰を唱えていた相方の加藤浩次さんの強いバックアップで、「めちゃイケ」への出演が決まったそうです。

事実上の復帰となったわけですが、
先は明るいかと言えばそうでもない様子。

元所属事務所『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』は山本を戻すつもりはありませんよ」

とお笑い関係者は語っておられます。

先日しくじり先生に出演した島田洋七さんは『佐賀のがばいばあちゃん』で大ヒットし、一躍人気者となりました。

しかし、印税を吉本が要求したところ断ったため解雇となり、以降めっきりテレビで姿を見かけなくなりました。

番組では語っておられませんでしたが、

『最大の”しくじり”はよしもとを辞めたことです』

吉本の恐ろしさを感じますね。

山本さんが吉本を解雇された理由

吉本は山本さんが警察に任意聴取を受けた直後に契約の解除を発表しています。

「本日、弊社は、極楽とんぼ山本圭一の専属芸能家契約の解除をいたしました。その理由は、山本において未成年者との飲酒行為及び淫らな行為があったためです。弊社といたしましては許されざる反社会的行為に該当するものとして上記処分といたしました。関係者の皆様・ファンの皆様には、多大なご迷惑をおかけいたしました。ここに深くお詫び申し上げますとともに、経緯をご報告いたします。なお、事実関係の詳細につきましては、捜査に支障が生じるおそれ、関係者のプライバシー侵害のおそれがあるところでもあり、ご容赦いただきたいと思います。」

実はこの時が初めての不祥事ではありませんでした。

付き合っていた女性を中絶させていた

この時、「オレの名前に傷がつく」などと中絶を求められたと告発するインタビュー記事が掲載されました。
吉本はこのとき、

「交際並びに妊娠の事実と、双方の条件面での同意・承諾をもって中絶の事実を確認しております」

とコメントし、

山本さんは

「たびたび、お騒がせして申し訳ありません。今回の件では何を言っても言い訳になってしまうので、批判を率直に受け止めて、これからの人生に生かしてしていきたいと思います」

2度目だったこともあり、即契約解除となってしまったようですね。

それにしても10年は長いです。

ただ、島田洋七さんの例を見ると、復帰したからと言って安心できるわけではなさそうですね。

多くの人に慕われている山本圭一さん、個人的にはそんな多くの人から愛されている人に悪い人はいないんじゃないかなと言うのが正直な感想です。

きっと不器用なのかなと。

もっと裏で悪いことしている人はたくさんいるでしょうからね。

きっと周りの人もそれがわかっているからこそ放っておけないし、何とか復帰させてあげたいと思うのでしょうね。

今回は、相方の加藤浩次さんの強い願いが通じました。

今回の復帰を皮切りにお仕事が続くといいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*