イケメン

菊地亜美の結婚相手はキムタク似のイケメン一般男性!フライデー画像!

元アイドリング!!!メンバーで現在タレントの菊地亜美さんが結婚を発表されました。

かねてより交際されていた大阪在住の一般男性とのことで、まずはおめでとうございます!

地に足がついたアイドルの印象がある菊地亜美さん、素敵な奥様になりそうですね^^

さて、気になるお相手男性ですが、昨年ちゃっかりフライデーされていましたよ。

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


昨年7月にフライデー

フライデーされたのは2017年6月でした。(掲載されたのは7月)

フライデー記者から直撃質問されても、「待ってました!」と言わんばかりの反応を見せられたとか。

「イケメンなんて・・・そういってもらえると嬉しいですね(笑)。はい、お付き合いしているカレ氏です」

「大阪に住む一般の方です。友人の同級生の先輩で、5歳上の会社役員なんです」

普通は会社役員なんです。とは言わないような・・・

予め準備したとしか考えら・・・

世間に広めたいぐらい素敵なカレ氏だということでしょう!

出会ったきっかけ

さて、きっかけですが、こちらもフライデー記者に語っておられます。

  • 出会ったのは2017年春
  • 大阪の仕事で前泊した時に友人と食事をした。その際に友人が友人の同級生と彼を連れてきた

「全然、合コンとかじゃないんですよ!」

その後、菊地亜美さんはロケで大阪に行くことが多く、男性も仕事で東京に来ることが多く、何度か一緒に食事を重ねるうちに心を惹かれるようになったそうです。

「この人とだったら、仕事を含めていろいろなことが良い方向にいくかもしれないなって。」
「向こう(男性)も仕事を頑張って人なんで刺激になりますし」

仕事を頑張っている男性って魅力的にうつりますよね~。

男性が前向きで仕事熱心で、菊地亜美さんが心から惹かれている様子が伝わってきますね。

当時から結婚を意識していたようで、将来を見据えた話もしています、と語っていたので、フライデーから約半年後、今回念願かなって結婚に至ったということですね。

本当におめでとうございます!

結婚相手男性について

男性の人物像について、以前週刊プライムに取り上げられた記事では、5歳年上の会社役員以外に、

  • バツイチ2016年4月に離婚
  • 慰謝料なし
  • 大阪の不動産会社役員
  • 派手な女性関係

ですが、直後のインタビューではこの報道をもろともせず菊地亜美さんは既にすべてわかっているようでした。

「男の人って、彼女いない時期は、いろんな女の人と普通遊ぶし、それはなんの問題もないことですよね」

過去にたくさん遊んだ人の方が家庭に入れば落ち着くとも言いますので、男性もバツイチとはいえ今度こそは幸せな家庭を築いくことでしょう!

菊地亜美さん結婚相手の画像

コチラ
コチラ
コチラ
コチラ

キムタクに似てますね~!

ビトンのバッグを何気にもつ姿からセレブ感が感じられます。

会社役員とのことですから、たくさんの資産をお持ちなのでしょう!

因みに菊地亜美さんご本人は、結婚相手について

似ている芸能人はいないそうで、強いて言えば「キツネ顔」とのことでした。

画像は目隠ししているので、肝心のキツネ目がみられませんが、シュッとしてさわやかでイケメンオーラはしっかり感じ取ることができました。

ファンへ結婚報告

いつも応援していただいているファンの皆様、関係者の皆様へ

 いつも温かい応援、ありがとうございます。

 私事で大変恐縮ではございますが、かねてよりお付き合いをさせていただいておりました一般男性の方と、本日2月1日に入籍致しましたことをご報告させて頂きます。

 彼は人間味の溢れる素敵な人です。

 二人でいる空間がとても居心地良く、この先の人生を考えた時にこの人と結婚したい! と思いました。

 彼の生き方と人柄が大好きです。ちなみにですが顔も大好きです。

 私の事を凄く大切にしてくれる彼をそれ以上大切にする気持ちで、この先何があっても夫婦で手を取り合いながら、私達らしい家庭を築いていきたいと思います。

 これからも私らしく、お茶の間の皆様と明るい時間を共有していけたらと思いますので、今後も温かく見守っていただけたら嬉しいです。

 引き続き、菊地亜美をよろしくお願いします!

 2018年2月1日 菊地亜美

顔も好きですって共感できる~!

これ以外と大事!

まとめ

菊地亜美さんが2月1日一般男性との結婚を発表されました。

バラエティ番組に引っ張りだこの菊地亜美さんですが、明るく自然体で嫌味のないところが人気の理由ではないでしょうか。

どうぞ末永くお幸せに!
そして今後もお茶の間を楽しませてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

フライデーデジタルは⇒こちら
週刊プライムは⇒こちら

スポンサーリンク



コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top