イベント

さいたまスーパーアリーナの座席表が一目でわかる!モード、ゲート、座席番号、アリーナ、レベル、階数・・・

最大37,000席を使用できる国内最大級の多目的アリーナであり、大型コンサートやライブも開催されるさいたまスーパーアリーナ!

チケットを取るときに一番気になるのは座席についてですよね。

事前に座席をチェックしてその場所からの見え方を確認しておきたい!
という方にお役に立てればうれしいです。

さいたまスーパーアリーナ座席表についてまとめてみました(^-^)

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


スタジアムモードとアリーナモードの違いについて

さいたまスーパーアリーナは客席やステージ・床・天井などが可動するムービング・ブロックシステムを採用していて、コンサートに特化しているモードや複数の試合が行われる大会に特化しているモードなど状況に応じて席が動くのが特徴です。

スタジアムモード

大勢の観客が見込める格闘技やコンサート、見本市などが開かれる時に使われるもので、格闘技やコンサートの場合はそれらのイベントに応じてセンターステージ形式やエンドステージ等にセッティングすることができる。最大座席数は約27,000席(フィールドに座席を配置した場合は約36,500席)である。

アリーナモード

イベントの規模に応じてアリーナを複数に使い分けて、メインアリーナとコミュニティアリーナの2つのアリーナを有効に活用することができる。スポーツ大会の場合は北側が試合会場、南側が選手控え室として使用できるほか、イベント等では北側がステージイベントで南側が展示会や物販会場などといった複数活用が可能になっている。

人気アーティストのコンサートでは収容人数が最も多い「スタジアムモード」が使われる場合もあります。※EXILE、嵐、V6、Perfumeなど

 

ライブなどのイベントでいく際はどのモードで使われるのか調べておいたほうが良さそうです。

運営元からどのモードで行われるのか情報発信されることが多いそうなので、チェックしておきましょう。

 

レベルってなに?階層の呼び方が特殊なので注意!

座席の階層の呼び名が特殊で「階」ではなく「レベル」と呼びます1階スタンド席が200レベルとなり、その上が300レベル、400レベル、500レベルと続きます。

・200レベル:1階スタンド席

・300レベル:1階バルコニー席(1階と2階の間に存在、席数が少なくゆったり座れるプレミアムシートの印象がある)

・400レベル:2階スタンド席

 

・500レベル:2階バルコニー席(300レベルと同様、席数が少なくゆったり座れるプレミアムシートのような印象がある)

 

またゲートについては

アリーナ → Wゲート

200・300レベル → Aゲート(、Bゲート)

400・500レベル → Nゲート

が割り当てられていることが多いですが、手元のチケットに最寄りのゲート名が記載されているかと思いますのでそちらをご確認ください。

 

扉というのが座席の位置を知るカギでもあるみたいで、ここ重要です。先ほどのゲートが建物内への入口としたら、扉は会場内部への入り口といったら分かりやすいでしょうか。こちらの図でいうと、四角く囲った3ケタの数字で書いてあるのが扉番号になります。扉は入口と書かれる場合もあります。

 

実際に自分のチケットの座席を調べるには?公式HPを使って調べてみよう!

 

さてチケットが手元にあれば自分の席がどの辺りの席なのか気になるかと思います。

「さいたまスーパーアリーナ公式HP」より自分の席を調べることができるので、使い方を紹介したいと思います。

 

こちらから検索できます!

 

1、検索画面より「モード」を選択する。

まず「メインアリーナモード」なのか「スタジアムモード」なのかを選びます。

もしモードがどちらかわからない場合や、モードがわかっていてもステージの種類(エンドステージなのかセンターステージなのか)がわからない場合はそれぞれ右下の「ステージ位置未定/非公表」で検索しましょう。

 

※例として「メインアリーナモード」の「ステージ位置未定/非公表」で検索してみます。

チケットを手元に用意し、検索項目に入力する

今回は一例としてスタンド席のチケットサンプルで検索してみようと思います!

※アリーナ席は運営元、アーティスト、ライブによって順次変更されるので割愛します。

 

まずチケットの

①入り口:408

②レベル:400レベル

③ゲート:Nゲート

④列・番号:9列 198番

を確認します。

1)「入り口(扉)番号」から検索する場合

チケットのに記載されている「入り口番号」を入れ「検索ボタン」を押します。

すると、該当する入り口番号が薄い黄色に色づきます。

 

自分の席が色がつかないのでご注意ください。

 

2)「レベル」「列」「番号」から検索する場合

自分のチケットに記載されている「レベル」「列」「番号」を入れ「検索ボタン」を押します。

すると自分の席の周辺が黄色く色づきます。

 

より自分の席を特定する場合

「レベル」「列」「番号」から検索し、そこから特定する

おそらくアリーナ全体図から探すのは難しいと思うので、「レベル」「列」「番号」で検索し、周辺のブロックが黄色に色づくところまで検索します。

 

列番号の特定

黄色く色づいたブロックを見ると、5列目から10列目に色付けされている状況です。一番右が5列目、一番左が10列目です。

今回サンプルのチケットの場合、左から二番目の列が9列目に該当します。

座席番号の特定

次に座席番号について調べてみます。色づいたブロックを見てみると番号190から番号205までが色づいていますね。

下から190なので今回のサンプルチケットの番号198は図の赤い部分になります。

よって今回のチケットの席は画像の赤い四角の部分です。

 

 

 

いかがでしたか?

今回のサンプルの番号を自分のチケットの番号へ変えると、すぐに検索できると思います。

ぜひ活用してみてください。

あなたに届けるピンフルエンサー!

今回もお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top