未分類

TBS女子アナ・宇垣美里はメンヘラ?激しい性格、闇キャラで会社に居場所無くなり退社・・・マイメロ論、コスプレ、コーヒーぶちまけ・・・

TBSの宇垣美里アナウンサーが2018年3月で退社する噂が流れています。

宇垣美里アナといえば大学生時代からミス同志社大学に選ばれる美女で有名で、SNSでは「マイメロ論」が取り上げられましたね。

あんなに可愛いのに口を開くと毒がある、とは一体どういうことなのでしょうか、調べてみました。

 

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


宇垣美里のプロフィール

名前:宇垣美里(うがきみさと)
愛称:うがっきー
生年月日:1991年4月16日
出身地:兵庫県
最終学歴:同志社大学政策学部卒業
職業:アナウンサー
勤務局:TBS
活動期間:2014~

2010年:同志社大学政策学部入学
2011年:大学2年に同志社大学ミスコングランプリ獲得
2014年:同志社大学政策学部卒業
2014年:TBSに女子アナウンサーとして入社

 

入社半年でお天気キャスターとして出演された時には「あの美人はだれ?」と話題になったそうです。

他にもバラエティ番組の進行をつとめたり、ラジオのパーソナリティをつとめるなど幅広い分野で活躍しています。

 

宇垣美里の「マイメロ論」で激務を乗り越える女子多数!その内容とは?

宇垣美里さんの示した過酷な現実からの“逃避術”を「クイックジャパン」誌でコラムとして出し、SNSで拡散、多くの方からの共感の声がでました。

 

 

「マイメロ論」とは、宇垣アナが世の中の不条理を感じた時の対処法のことを差す。宇垣アナはコラム内で「ふりかかってくる災難や、どうしようもない理不尽を、一つひとつ自主的に受け止めるには、人生は長すぎる」とし、そのための“逃避術”として「そんなときは、『私はマイメロだよ~☆ 難しいことはよくわかんないしイチゴ食べたいでーす』って思えば、たいていのことはどうでもよくなる」と表現した。

引用:ORICON NEWS

 

 

 

入社後は“アナウンサーに見えない”カワイらしさや、番組演出での“キャピキャピ演技”が同性からマイナス評価を受け、ネットユーザーから「あざとさが見える」「性格悪そう」などと叩かれたこともあったそうですが、その経験から「マイメロ論」が生まれたんですね!

 

宇垣美里のコスプレ集!アニメオタクでノリノリって本当?

宇垣美里アナは実は生粋のアニメオタクで、好きなアニメは「コードギアス」だとか・・・結構ガチオタとして界隈では有名なのだそうです。

 

また「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の番宣に出演した際にアニメへの愛を熱弁し、アニメファンからも高評価を得たという逸話も持っているそう。

 

 

 

可愛くて、あざとくて、アニメへの理解があり、オタク気質である、というところも含めて男性ファンに人気な理由なのかもしれませんね!

 

番組降板で「コーヒーぶちまけ事件」!性格の悪さが滲み出た衝撃の内容とは?

ところで2018年3月に持っていた番組を降板させられた際、あまりにも感情的な行動をとった噂が流れています。

「ジャニーズタレントと付き合うなどのルール違反や勤務怠惰で、今年3月、担当番組だった『あさチャン!』を、番組プロデューサー直々にクビを言い渡された。その際『なんでよッ!』と怒り、持っていたコーヒーを壁に投げ付けた“コーヒーぶちまけ事件”を、各週刊誌に書かれた。局としてはプロデューサーが直接通告したこと、そのときの態度を加味して“窓際”を判断したようです」(同・ライター)

引用:niftyニュース

 

この時から局内では宇垣アナに対して腫れ物を触るような扱いで、居場所がない様子です。

「客観的に見ても、本人の“ウヌボレ”や“自意識過剰”が、常に見られる珍しい女子アナです。何だか自分が女子アナ界のトップにでもいるように錯覚しているのか、非常に態度の悪さだけが目立つ。飛び抜けた人気アナというわけでもないのに、自分の存在ばかりアピールしたがる。アナウンス室内でも浮きまくっていて、みんなも相手にしていません」(TBS関係者)

引用:niftyニュース

 

今後の活動は?宇垣美里アナウンサーの闇の深さの需要とは?鋭い感性と言葉で

完璧なルックスに口の悪さや激しい性格のような宇垣美里アナウンサー、もしかするとTV局という環境が向いていないだけかもしれませんね。

 

 

私が宇垣アナの言葉でハッとさせられたのは10月9日放送の「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)での内容です。

恋人の有無を聞かれることについて「どうしてそんなに気軽に質問できるのか」と苦言を呈した。

宇垣さんは、「『お相手いるんですか』とかプライベートに関わる質問がすごく苦手」といい、理由として、

「すごくその人のセクシャリティに関わることに対して、なんでそんなに気軽に質問できちゃうんだろう」

とコメントした。

また宇垣さんが自身の思いについて「ちょっとそういうところに過敏なのかもしれない」というと、宇多丸さんは「不用意に譲る必要はない」と反論。この手の話を楽しく話せる人もいるが「他にも話題はあるだろう」と意見を述べた。

引用:キャリコネニュース

 

「可愛いから」「あざといから」というだけで、理不尽なことに晒されてきたのでしょうか。

TV局退職後フリーとなった際には、よりのびのびとした活動に期待しちゃいますね。

 

あなたに届けるピンフルエンサー!

今回もお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top