イベント

横浜アリーナの座席表が一目で分かる!コンサート、ライブにオススメ!パターン、アリーナ席、センター席、通路番号、座席番号について!

関東地方でのライブと言えば、東京ドームや埼玉スーパーアリーナ、横浜アリーナ、幕張メッセなど多くありますよね。

その中でも横浜アリーナは、数多くのアーティストに愛されている会場でアリーナツアーではほとんど開催される会場として広く知られています。

 

チケットをとると、その座席がどこなのか、ステージとどれくらい距離があるのかとても気になりますよね!

事前に座席をチェックしてその場所からの見え方を確認しておきたい!
という方にお役に立てればうれしいです。

横浜アリーナの座席表についてまとめてみました(^-^)

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


横浜アリーナの全体像

横浜アリーナは座席が可動するため、イベントによりステージの設置場所を変えることができ、3つのパターンのステージ構成があります。

 

Aパターン:最もライブで多いパターン

 

 

 

Bパターン

 

Cパターン

 

横浜アリーナの注意点!アリーナ席はセンター席でスタンド席はアリーナ席?

横浜アリーナでの公演で注意しなければならないといけないのは席の名前です。

横浜アリーナにおける「アリーナ席」とは、2階部分の可動式スタンド席のことを指し、一般的に言う「アリーナ席」は本会場では「センター席」と呼ばれています。

 

他の会場と紛らわしいので混同しないように注意しましょう。

 

センター席の場合

センター席の座席番号は2種類あり○列○番という表記方法で表されている場合と、他のアリーナ会場のように○ブロック○番があります。

また横浜アリーナが他と違う所は、通常のホールだったら番号はステージ左手から1、2、3…となるのが通常ですが、横浜アリーナはステージ右手から1、2、3…と番号が振られる事になります。

間違いない様にしましょう!

 

座席番号、ブロックについて

 

引用:https://www.livehis.com/house/house_yokoari.html

 

Aパターンでは会場を縦長に使うステージ構成になっていて、センター席も設営されるパターンになります。

 

東ブロックと南ブロックのアリーナ席を一部潰すことになります。ステージ真横から裏手に当たる東ブロックと南ブロックのスタンド席に関しては解放されない場合があります。

 

 

横浜アリーナのスタンド席は、ステージ側から時計周りに『南スタンド』『西スタンド』『北スタンド』『東スタンド』4つのブロックに区切られています。

列は全てのブロックでステージ側から後方へ10列で、席番号は時計回りに番号が増えていきます。

 

席番号は大きい場所で1~150番までありますが、これは場所によって変わってきます。

南スタンドと西スタンドの間にはボックス席と呼ばれる、個々に区分けされたVIP席がありこの席は通常はライブでは解放されていません。一応それぞれのボックスの中には10席~15席の席があるので参考程度に覚えておきましょう。

座席表にある黒い丸で『北1』などと書かれているのは出入り口で、チケットにも自分の席に一番近い扉の番号などがあると思います。(書いてない場合もあり)

詳しい座席の場所と席からの見え方は公式ホームページを使うとわかりやすい!!

横浜アリーナの公式ホームページに詳しい座席検索と席からの見え方ガイドが乗っています。

もし手元にチケットがあり、座席番号がわかる場合はこちらから検索するとより座席の場所がわかりますのでご活用ください。

 

参考:横浜アリーナ 座席案内

 

※なおセンター席はイベントにより設営状況が異なるため、掲載されていないようです。

 

 

例えばチケットに『A6列 10番』と書かれていた場合、まずAブロックに席があるということがわかります。

そしてAブロックを座席表照会でズームアップすると・・・

 

 

このように列ごとに『A1』『A2』『A3』・・・と書いてありますね!

A6列は右側が6番から始まっているので、順番に見てみると右から5番目がチケットの『A6列 10番』だとわかります。

 

「パノラマギャラリー」がとても親切!実際のアーティストとの距離感を体感しやすいかも!

さらに横浜アリーナ公式ホームページで確認していただきたいものに「パノラマギャラリー」という機能があります。

この機能を使うと、色々な地点からどのように見えるのか確認することができます。

しかも横浜アリーナの公式キャラクター「ヨコアリくん」を2mの縮尺でステージに表示しているので、実際のステージ上の人がどのくらいのサイズで見えるのかをおおよそですが体感することができます。

 

とても親切ですね!もし機会があればぜひ活用してみてください。

 

あなたに届けるピンフルエンサー!

今回もお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top