山岳救助に過失で賠償確定!積丹岳藤原隆一さんの両親が訴えた理由!

Pocket

2009年、北海道積丹岳で遭難した男性が、救助活動中に滑落し凍死した事故をめぐり、男性の両親が北海道に対し約8600万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁が1800万円の賠償を命じた2審判決が確定しました。

長く争われた裁判に決着がつき、結局警察の救助活動に過失を認めたこととなりました。

この判決は極めて異例!

ネットでは、
「これではだれも救助に行きたくなくなる」
「山岳救助も命がけなのに、登山するのは自己責任でしょう」

と言った原告側を批判する内容の意見が飛び交っています。

しかしところは最高裁。安易に判決を下したわけではなかろうに、何か過失と認めざるを得ない理由があったのではないか?

調べると、ああ・・なるほど。親としては納得のいかない救助活動が行われた状況が見えてきました。

山岳救助に過失で賠償確定!積丹岳藤原隆一さんの両親が訴えた理由!

まず事故の経緯を振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

経緯

2009年1月31日 札幌市の山崎隆一さん(当時38歳)はスノーボードをするために友人2人と積丹岳(1,255ⅿ)へ入山します。

その日の午後、山崎さんは友人とはぐれて道に迷い、山頂付近でビパークすることを決めます。
(ビパークとは、登山やキャンプなどにおいて緊急的に野営することを指します。)

この間、山崎さんは友人を介し警察にGPSの位置を知らせていました。
後からわかるのですが、この時、警察がGPSの位置を誤って計測し、約400ⅿ以上も間違ってしまい、結果警察は、2時間以上もビパークとは全く異なる場所を捜索することとなります。

2月1日早朝より北海道警察の山岳救助隊は捜索を開始。男性が発見されたのは、正午ごろでした。

男性は低体温から意識がもうろうとしており、救助隊員が男性を抱えて下山していたところ、雪庇を踏み抜き、山崎さんと隊員3名は斜面を約200ⅿ滑落していまいます。

救助隊員は男性を発見し、ストレッチャー(ソリ)に固定し崖の上へ引き上げようと試みましたが、寒さと長びく救助活動から疲労し隊員が交代するために、ハイマツの木にストレッチャーを固定します。

この間、だれもストレチャーの固定のために人員が配置されることはありませんでした。

結果、ハイマツが折れストレッチャーがさらに下方に滑って行き、山崎さんは行方が分からなくなってしまいます。

悪天候で雪崩の危険性もあり、救助隊は捜索を断念、翌2日の朝、山崎さんはがけ下標高約1000ⅿ付近でストレッチャーに固定された状態で凍死しているところを発見されました。

雪庇とは

雪庇ってあまり聞きなれない言葉だと思いますので、ここで簡単に説明すると、

山の尾根の風下がわに、庇(ひさし)のようにせり出した積雪。

%e9%9b%aa%e5%ba%87

雪庇を踏み抜くとは、あるはずの地面がなく、踏み出した足が着地せず、バランスを崩してしまうことを言います。

雪庇を踏み抜いて滑落することは珍しくなく、雪山では十分注意が必要となるのは想像に難くありません。

とはいっても、悪天候で雪山という悪条件の中での救出作業において、無理をして2次被害が起きることは絶対に防ぐ必要があります。

両親にとっては大事な息子が救出されなかったことは悔しいことかもしれませんが、
こういった状況で救出することができなかったことは仕方がなかったとは考えられなかったのでしょうか・・・

原告側山崎さんの両親の訴え

この度の救助隊は,最低限必要な装備すら備えていませんでした。ビバーク用のツェルトやストーブを持たず,ロープは50メートルの長さのものが1本のみで,安全確保に必要なピッケルも1人しか持っていませんでした。そのような状況を知り,こんな装備で何をしに行ったのかと怒りがこみ上げてきます。また,冬山での救助は,一刻も早く現場に到達すべきなのにもかかわらず,せっかく隆一が知らせたGPSのポイントとは違うポイントを目指して捜索した為に,ポイントの捜索開始から発見までに,2時間5分もかかっています。そして,せっかく生存発見されたのに,低体温症に対する警戒もせず,体が温まるからと,両肩を支えて700~800メートル下の雪上車まで歩いて下山を始め,10分後に,素人でさえ警戒する雪庇を踏み抜いて滑落したのです。ルート旗に従って下山するべきだったのに,とてもプロとは言えぬ行動です。さらに,200メートル下で発見された隆一を,レスキューそりに乗せてロープでしっかり縛り付け,3名の隊員で引き上げる途中,山での常識である3点確保も準備不足で出来ぬまま,そりをハイマツの枝に結びつけ,隊員の交替のために全員がそりを離れました。その10分後の13時50分,枝が折れてそりが滑り落ち,視界から消えたというのです。膝までの新雪で,そり跡もはっきり残っていたのに,救助隊員は,追尾もせず,目視しても見えないからと尾根に戻り,およそ30分後の14時19分には捜索を中止して,救助隊員だけで休憩所まで下山したのです。隆一は,見捨てられ,見殺しにされたと行っても過言ではないと思っています。これが,今回の積丹岳の救助の実態です。隆一は,冬山でのスノーボードの時は,皆の安全にも気を配っていました。その隆一が,2月2日の朝,待ちに待った救助隊が来て,これで助かると思ったのもつかの間で,滑落の後は,がんじがらめで身動きもできぬ状況と厳しい寒さの中で,1人死の時を迎えた隆一の恐怖と悲しみ,悔しさを思うと,身を切られるように辛く,あまりにも悲しくて,胸が張り裂ける思いです。

これが本当であるなら、

  • GPSでの位置誤測
  • 準備不足
  • 知識不足
  • まさに助かるはずの人が助からなかったと言わざるを得ません。

    確かに、疲労困憊した中で、2度目に滑落して見失ったストレッチャーを探しに行くことは、さらなる被害をうむ可能性もあり、追尾することが最善だったとは言えないと思うのですが、

    それにしても、準備不足や、知識不足は過失によるものと言えます!

    そして、悲しいことに、山崎さんは結納を控えていました。

    山崎隆一さんは結納を控えていた

    皆さんのかけがえのない家族や友人が遭難したとして,今回のような救助活動では誰もが納得できないと思います。たとえ賠償金をいただいても,隆一は戻りません。損害賠償請求訴訟という方法をとってはいますが,できることなら,徹底した業務改善命令を望んでいます。元気いっぱいのスポーツマンだった私たちの長男は,生還を信じてレスキューを待ち,せっかく生存救助されながら,そして,4日後には,あんなに待ち望んでいた婚約者との結納を控えていましたのに,理不尽にもその前途を断たれました。隆一と私たち家族,そして残された婚約者の無念と悲しみは,いつまでも計り知れません。

    「北海道警察の山岳救助に対する根本的な認識とプロ意識の欠如であり、この組織を決して許すことはできません。組織された山岳会に属さない一般の登山者が山で危険に直面した場合には、110番、119番が頼りです。今回の様なレスキューでは、全く当てに出来ません。次の犠牲者が出る前に、山岳救助隊を根本から見直し、富山の山岳救助隊にも劣らぬ優秀な救助隊を目指して改善されることを願って止みません。この思いを込めて、今回、提訴に踏み切りました」

    許すことができない・・

    訴えた理由がわかるような気がしました・・

    北海道警察の主張

    「山岳遭難救助活動は、専ら警察の任意すなわち裁量により行なわれるものである以上、出動の要請を受けた警察が、これに応じて出動しあるいは救助をしなければならない法的義務を、負うものではない」

    これをみると警察の言うこともわかるんですが、

    でももし、十分に準備ができていれば、GPSの計測が間違っていなければ、きっと両親がここまで悔しい思いをすることもなかったのではないかと思います。

    裁判の経過

    一審では、男性の登山における判断ミスも死亡に繋がったとされ、

  • 登山当日、天気が崩れる可能性が高いと認識しながら山頂まで登山を敢行した
  • 冬季の積丹岳は天候の変化が早いことを知っていながら、天気予報を十分確認しなかった
  • ビバークに適さない山頂付近でビバークした
  • 下山方向を誤った
  • 破れやすいツェルトによるビバークをしたため低体温症に罹患した
  • 雪庇に近い場所でビバークしたため救助隊員が雪庇を踏み抜く過失を誘発した
  • 8600万円の賠償金を請求しましたが、山崎さん側に上記8割の過失があったとして、減額され1200万円の「支払いが命じられました。

    その後控訴、2審では札幌高裁で2015年3月に判決が言い渡され、過失が7割に変更、賠償額は1800万円に増額されました。

    北海道警察はそれを不服とし上告していましたが、この度最高裁でそれを退ける判決が確定しました。

    まとめ

    2009年に起きた雪山での山岳救助において、警察側の過失をみとめ、賠償を命じる判決が確定しました。

    自然の中で起きた事故であり、過失と確定されると今後の捜索活動に大きく影響が及ぶと考えられるこの裁判。多くの人が注目する中で、原告側の遺族の主張が認めらることになり、世間で反響を呼んでいます。

    私も雪山に行くなら自己責任、救助を責めるのはどうか、と考えましたが、調べてみると、警察側のずさんさも見えてきました。

    確かに、警察側主張する「専ら警察の任意すなわち裁量により行なわれるものである以上法的義務を背負うものではない」
    という言い分も全くわからないではないですが、山岳救助というのであれば、最低限の備えはすべき。

    GPSの見誤りも然り、準備不足も然り。やはりそれはおかしい!

    救助する側が命がけっていうのはわかっているけど、それでは死んだ家族は納得できないです。。

    ここまでお読みいただきありがとうございます。

    あなたに届けるピンフルエンサー!

    【ソース: 積丹岳の遭難事故で死亡した藤原隆一さん積丹岳遭難事故裁判を追う

    スポンサーリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメント

    1. m00089 より:

      救助の方法が悪いとかの問題でない。
      自分の都合で自然を相手にするバックカントリー愛好者がいるかぎりこのような事故は又おこるであろう。
      それとGPS(ディファレンシャルGPSじゃないのかな?)があるなら何故迷う?
      まっこの遭難者の親はツェルト、ストーブ、50メートルのロープを担いで強風、暴風雪の現場に行って自分の目で確かめてから警察を批判してほしい。
      常識外れの無謀な遊びをして遭難したならその家族が専門の山岳救助隊を雇って頂きたいものだ。

    2. ひろし より:

      多少の不具合はあったにせよ、救助隊員は命をかけて見ず知らずの勝手者を助けようとしていたのだと思う。この程度で逆に訴えられるなら馬鹿馬鹿しくて救助隊員などやってられないでしょう。文句を言う相手を間違ってます!

    3. 雪男 より:

      いい年をして山をなめた挙句遭難した馬鹿を救助に行った道警には感謝の言葉もなしとに賠償請求の裁判・・・子は親を写す鏡とはよく言ったもの。
      あと道警さん、ご両親に捜査費用の請求をお忘れなきように。

    4. tnshiya より:

      結納したなら慎重に生活する責任があるはず普通はね、好き勝手に行動する子供の親らしい思考言動です。
      裁判官は本人に八割過失ありで片付けようとしてるが、あんた机上でなく実際に冬山救助体感してから判断してみろよ。

    5. うーん より:

      GPSの間違いというよりは、違う測地系を使ってたんじゃないかな。
      日本測地系(tokyo97)と世界測地系(WGS84)で生じる差は約400mです。
      当然DGPSとかそんなもんは関係無いよね。

    6. 田口 亨 より:

      私も親であるから、この親の気持ちもわかる、悲しみのはけ口として訴訟を起こしたのだと
      思う。しかし私も冬山登山をやるので、遭難するほどの冬山の厳しい状況を知っている。
      一刻を争う中で、十分な装備もなく、十分な救助員の確保もすることができない状況の中で
      の命がけの救助活動だったのだろう。亡くなられた方と親御さんには気の毒だが、冬山に
      行くからには、全て自己責任だと思う。たとえるなら、自動ブレーキのついていない車に
      乗っていて、衝突事故を起こし、法律で自動ブレーキのついていない車の販売を認めてい
      るのが悪いという言いがかりをつけるのと同レベルの訴訟だと思う。何事においても他人に
      責任を押しつけて、それを是とする日本の風潮が悲しい。

    7. sakura より:

      このような判例を作ってしまったことは非常に問題があると思います。こんなことがあるようでは山岳救助は成り立たなくなります。
      今後は救助に成功しなくても裁判等起こさない念書が必要になるかと思います。
      せちがない世の中になったものです。
      救助隊の皆さま、お疲れさまでした。

    8. たた より:

      じゃあこれからは遊びの遭難は警察に連絡なんかしないで
      自分たちで民間の捜索隊に連絡するように変えてください。
      警察や消防は一切出動しなくていいようにしてください。
      こんな事で税金を1800万も使われたくないです。

      雪庇を踏み抜いた警察官も危ない状況のはずだし
      勝手に遊びで積丹岳に入って、
      警察に迷惑をかけ、税金を使い、感謝の気持ちも無く
      遭難者は結婚するはずだった!!とか言われても何の共感もできません。

      これに関しては親も子も裁判所もこの記者もおかしいとしか思えない。

    9. ななし より:

      これ以後馬鹿な無謀登山者を救助するとリスクしかないので見捨てる方針を取るべきという画期的な判決ですね^^

    10. 山谷 より:

      山をやる皆んなの迷惑になった裁判だと
      思う。死んでまで人様に迷惑をかけるのは
      本人も本意ではないのではないかな?

      救助に向かった隊員の装備の脆弱さを
      非難するのであれば、ビバークして翌朝
      自力で戻れないような装備でバックカン
      トリーに出た息子はどうなんだ?って話。

      少なくとも山頂でビバークとかあり得
      ないし、そんなところにいたから救助に
      きてもらえたのに雪庇を踏みぬく羽目に
      なってる。

      悲しい出来事だけど他人様にあたったら
      ダメですよ。

    11. まぴ より:

      親の言い分はそのまま息子にも当てはまる事がたくさんある。
      必要最低限の装備をそれこそ息子さんはせずに山に入ってる。
      GPSがあるなら自分で下山ルートも分かるはずでは?
      救助隊は自らも命の危機にあいながらも救助を試みてくれている。それだけでも十分感謝に値する。
      こんな判例を作ってしまったら、危険な救助は行わないという判断になってしまう。
      息子を亡くした悲しみを誰かに怒りとしてぶつけて解消しているとしか思えない。
      この両親に必要なのは悲しみを受け入れ乗り越えるためのカウンセリングだと思う。

    12. スポーツ愛好家 より:

      山や海を対象にしたスポーツは特に危険が付きまとうと思います。
      自ら行って行動に責任が取れないのであれば、行かないで下さい。
      過失割合などは遭難した時点で100%です。
      エベレストには死体がゴロゴロ落ちているそうです。
      助けを求められても見捨てるそうです。
      何故なら、自分にも危険が及ぶ可能性が大きいとの事。
      親御さんが息子さんを亡くした気持ちも分かりますが、そのような場所に行っのは息子さんであるという事実を認識して下さい。

    13. ひらの より:

      十分な準備ができないときには救出に行ってはならないという判決だと考えます。コストを考慮したら行われる選択は救助の充実ではなく救助活動の縮小でしょう。救助隊の命を無駄にしない為の判決になると思います。

    14. 山好き より:

      私が親なら絶対に提訴しない。
      山に行くには必ず覚悟を持って行くものであり、雪山に行くなら親としてはビーコンは必ず持たす。
      ビーコンがあればもっと早く見つかり隊員の体力消耗もなく救助できただろう。
      捜索隊への費用負担は当然なく、親子共に山の知識もないにも関らず息子の非を認めることなく、自らの命を危険に晒しながら救助に向った隊員を責めるとは…
      隊員が亡くなっていたらどうしたのか?
      裁判官も今後の社会でのあり方を考えると、白黒つける判決でなく和解にすべきだった。
      もし判決にするとしても1円賠償にすればよかったのでは。
      この判決の社会的影響力は強く、今後の隊員のみならず救急現場で畏縮させた行動を取らざるを得なくなる。
      日本も「善きサマリア人の法」の導入を求めたい。

    15. kazu より:

      裁判官に登山という行為の認識はまず及ばない中での判例だと思います。どんなに準備し、対策しても遭難起きるときは起きます。発生原因作った時点(遭難起こした時点)で当事者過失責任100%であり、救助側の賠償責任問われるのは無理だと思います。山岳会の遭難対策関わったことありますが、今後、救助申請された時点で、詳細な救助法、費用などの事前契約求められることになるかもしれません。(ヘリ飛ばすが、いくらの費用・二重遭難の保険費用いくら・・など)山岳遭難保険掛けていない人の入山禁止、罰則適用などにもつながるのではと危惧します。

    16. aho より:

      医療崩壊と同じ流れですね

      受入体制不十分だが善意で救急患者受入→死亡→敗訴→受入拒否→医療崩壊

      装備不十分だが善意で命がけで救助→死亡→敗訴→救助拒否→救助体制崩壊?

    17. 大雪山の麓 より:

      どうしても判決に納得できないため世間の反応を探してここに来ました。
      色々な所を見ました。衆議院でも質問状が出されたことも知りました。
      でも、何処を見ても親の責任について言われていません。
      親は一見、山の知識があるようですが、本物なのでしょうか?
      他の人の入知恵?
      私は山に登ります。でも、冬山は怖くて行けません。
      綺麗でしょう!スキーもしくはスノーボードで滑ると気持ちがいいでしょう!
      中途半端な気持ちでは登れません。責任を考えると、とても行けません。
      山に行かせた親の責任を感じてほしいため、ここに足跡を残していきます。

    18. 地元民 より:

      冬山登山で有名な地元民です。
      当地ではこの10年で7件、冬山での遭難があり、9人が死亡しています。

      内訳を見てみましょう。
      2007年11月23日 雪崩で4名死亡 (雪崩注意報発令中)
      2012年3月27日 吹雪で道に迷った 1名死亡 (雪崩注意報発令中)
      2012年12月16日 山スキー中に雪崩 1名死亡(雪崩注意報発令中)
      2013年3月13日 登山中に雪崩 1名が足首骨折(雪崩注意報発令中)
      2013年3月28日 山スキー中に雪崩 1名死亡(雪崩注意報発令中)
      2013年4月28日 スノーボード中に雪崩 1名死亡(雪崩注意報発令中)
      2013年11月23日 登山中に吹雪 1名死亡

      最後の1例を除き、すべてなだれ注意報発令中の登山であり山スキーです。
      そもそも冬山登山・山スキー(スノーボード含む)には免許制が必要じゃないかと思いませんか?ちなみに一番最初の事例は日本山岳会会員による登山でした。
      しかもなだれ注意報が発令していると分かっている中での登山です。
      http://www4.plala.or.jp/hminocchi/yama/yamapnadarejiko.html

      当地では主に休日中の地元消防職員が救助に出ます。彼らには休日出勤手当以外の報酬は出ません。
      消防職員の出動では本人や遺族に費用負担請求をすることもありません(2007年の事故のように大規模な事故で民間の救助隊も出動する場合には民間分について費用請求は行われます)。
      消防職員の本来の業務は消防であり救急ですので、救助活動の間、当然ながら消防・救急機能は低下し、もしこの間になにか大規模な火事・事故・救急出動があれば当町以外の消防の応援を頼むことになります。北海道は広いですから、当然通常時より死亡リスクや延焼リスクが高くなることになります。

      消防職員は遭難発生と同時に出動態勢を整え、現場に出動していきますが、なだれ注意報が発令していると言うことは、当然彼らにも雪崩のリスクが存在します。消防職員が雪崩で死亡したとき、救助を求めた本人や遺族は喜んで一人当たり8600万(彼らが請求した損害賠償額)を払うんでしょうか。

    19. ケント より:

      一報を聞いた時に大野病院のような話かと思いましたが、どうも事情が違うようです。
      死者に鞭打つようで憚られますが事故の責任度合いは遭難者側にあるでしょう。
      しかし捜索側に全く無かったかと言えばそうでもないようにも思われます。
      この件に関しては大部分自己責任の範疇で裁判結果でも7:3であり適当であったと思います
      腹を立ててる皆様は善意で行われたことに文句を言うのが気に入らないのでしょうか
      (その気持は十分わかりますし、だからこそ関心があって検索しました)
      善意で行こなわれたことと行った行為が適切であったかは分けて考えたほうが良いかもしれません
      裁判の争点は後者であったと思います。

      最後に昨今の風潮でなんでも自己責任を振りかざすのはあまり感心しません。

      1. gazira より:

        全面的に賛同します。

      2. sakura より:

        過失割合どうこうではないのです。
        そもそも、極限状態での山岳救助に過失を追及することが間違っていると言っているのです。起こすべき訴訟ではなかったということです。
        しかし訴訟は起こされ過失を問われた上で賠償命令が出ています。
        賠償金は税金から支払われますので腹を立てる方がいるのは仕方のないことです。
        自己責任とは大人が自分の行動に責任を持つということです。
        振りかざしているのではありません。
        社会人になれば当たり前に社会から求められるものなのです。

    20. FUKUSHIMA より:

       命を賭して救助に当たる自己犠牲の行動は、賞賛すべきものではあるが、これは組織に属するものではなく、あくまでも個人ひとりひとりの決断に依るべきもの。
       ましてや、組織が組織防衛の隠れ蓑に利用したり、安全確保の努力を怠った言い訳に利用したり、職員の自己犠牲を誘導したりすべきものではないと考えます。

       この裁判は、隊員個人ではなく組織の責任を問われたものであることに注意すべきと考えます。

    21. takoisi より:

       道警の装備や技術について、裁判所からの判断があったものと思えるが、警察にしろ、消防にしろ、一部の県警の山岳救助隊を除き、山についてははっきり言って素人だ。一部の県警の山岳救助隊にしても1年中、山岳救助に専従しているわけではなく、他の業務もこなしているわけで、他の都道府県警察や消防については、当たり前であるが、犯罪捜査や交通事故防止、消火活動や救急活動が主業務であって、山岳救助については、ほとんど片手間であると思う。(もちろん、警察にしろ消防にしろ山岳救助の法的根拠は具体的ではない)
       実際それらの主業務に予算や訓練などの時間が割かれるのは当たり前で、それ以上に山岳救助に予算や訓練の時間を割けというのは、都道府県警察や市町村消防にもっと、予算と人員を配分しろと言っているとしか思えない。
       行政の予算のほとんどが社会保障費に配分される中、それでほんとうによいのか、議論が必要だと思う。

    22. 通りすがり より:

      釣りと思いたいけど、裁判所もアホな判決出してるよね。
      救助隊という仕事で良きサマリア人の法とまではいかないですがね、
      なんかおかしいよね。
      親がさ、救助隊にたいして、命がけで捜索してくれたこと、財産差し出して感謝すべきことでしょうと思うのは自分だけじゃないと思いたい。

    23. みい より:

      救助隊がいかにも簡単に藤原さんを見放したような記載になっていることが、
      とても気になります。

      救助隊は、”斜度40度”もの急斜面を、
      ストレッチャーにのった要救助者を、なんと1時間もかけてロープで50mも引っ張りあげているのです。
      それも救助隊自身が200mも滑落した後です。
      それも猛吹雪の中で。

      斜度40度のも斜面は、スキー場でいえば上級者コースの最大斜度でしょう。
      そこを滑りやすいストレッチャーが滑らないように確保しながら、引っ張りあげるのです。
      それもロープで。
      救助隊の手にはロープが食い込み極限状態だったでしょう。
      救助隊自身が滑落していたことからも、現場が極限状態であったことが想像できます。

      救助隊に非があったことは否めません。
      それでも、あまりに容易に救助隊が要救助者を見放したような記載はどうなのでしょうか。

    24. みい より:

      先ほどコメントした、斜度40度の斜面について補足です。

      スキー場の上級コースでも、斜度35度だとひとによっては滑り出しが確認できないほどの斜面です。
      斜度40度にもなると、一度コケると下まで止まらないのではないかとの思われるほどの急斜面です。

      その斜度40度もの斜面も、滑りやすいストレッチャーに乗せた大人の男性が滑り落ちないように確保しながら、一時間かけてロープで50mも引っ張り上げている。
      それも滑落した隊員が。

      果たして、ここの記載のように、救助隊は簡単に要救助者を見放したのでしょうか。

    25. うっしー より:

      命を賭して救助に向かっているのに訴えられるとかやってられませんね。
      過失割合とかどうでも良いです。レスキューの基本はミイラ取りがミイラになってはいけないというのが大原則です。不可能と判断したら撤退する勇気も必要です。悪く言うつもりはありませんが、この遺族は救助隊員が無理をして、隊員もろとも亡くなっても難癖つけて訴訟を起こしたと思いますよ。

    コメントを残す

    *