地域ネタ

京都市営地下鉄『蹴上駅』ゾウの絵が素敵すぎる アニマルアートについて

京都市営地下鉄『蹴上駅』で電車を降り、改札に向かう際に目に飛び込んでくる4頭のゾウの絵。

色鮮やかで思わずテンションが上がります。
今回は蹴上の像の壁画について調べてみました。

誰がつくったの?

こちらは、昨年2015年の2月から京都造形芸術大学京都市動物園の連携によって制作されたアニマルアート作品です。

制作者:京都造形芸術大学芸術学部 関本徹生教授及び同大学関本研修室の学生。

壁画の目的は?

目的は京都市立動物園への来園の促進とのことです。

京都市立動物園は2015年、ラオス人民民主共和国からアフリカゾウが寄贈(ゾウ)されましたが、
その気分を盛り上げるためと来園の促進を目的として制作されたそうです。


http://goo.gl/Uc1js4】より引用

鮮やかな色彩の像たちが見事に壁面いっぱいに描かれてあります。遠くから見ると少し立体的に見えるように陰影がつけられていました。

陰になっている部分が分かりますか?

大きさをイメージできるよう4歳の子供と一緒に写真を撮ってみました。
赤いゾウと一緒に描かれているのは、ラオスの国旗です。


【ラオス人民民主共和国国旗】

京都は歴史的な建造物も多いですが、こんなアート作品もあるんですよ。

注意点

4頭のゾウの絵は改札の中にあります。改札の外からは見えませんのでご注意下さいね。

蹴上駅は南禅寺も近く、また蹴上インクラインもすぐ近くにあります。
ゴールデンウィークの頃には「蹴上のつつじ」も見どころを迎えます。
→ 平成30年『蹴上のつつじ』一般公開!2018年日程とランチやアクセス情報も!

是非足を運んでみて下さいね。

私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんから私は「願いを叶える方法」を教えてもらい、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという願いから、このブログでは、想一郎さんの無料音声セミナー「4次元引き寄せプログラム」を紹介しています。

「願いを叶えたい」「目標を達成したい」「とにかく人生を変えたい」という人は、ぜひ聞いてみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!

Top