気になる海外ネタ

『鳥』のティッピ・ヘドレン美しすぎる女優がヒッチコックからのセクハラ被害を告白!

ティッピ・ヘドレンさんがイギリスの誰もが知る映画監督ヒッチコックさんから性的暴力や強迫を受けたことを自伝で明かされました。

ヒッチコック監督からのセクハラ疑惑に世界中から注目が集まっています。

ティッピ・ヘドレンさんについて調べてみました。

『鳥』のティッピ・ヘドレン美しすぎる女優がヒッチコックからのセクハラ被害を告白!

セクハラの内容

米紙ニューヨーク・ポストと英紙デーリー・メールによると、

自伝には、ヒッチコック監督が他の共演者らに対し、ヘドレンさんに近づかないよう指示したことや、
ヘドレンさんが他の男性と話しているところを見て激怒したことなどが記されている。

また、

ヒッチコック監督はリムジンの後部座席でヘドレンさんに覆いかぶさってキスしようとしたり、
撮影セットの隅で身体的な接触を求めたりしたのだという。
またヘドレンさんは、「(自分が1人でいるといつも)彼(ヒッチコック監督)はなんらかの方法で
私に夢中であることを示そうとした。まるでそれに応じるよう強要されているみたいだった」とも記しているという。
http://www.afpbb.com/articles/-/3106427より引用】

そして、ヘドレンさんは、トラウマとなった暴力的な行為についても言及し、

「これについては、今まで詳しく語ったことはないし、これからも語るつもりはない。言えるのは、彼が突然私をつかみ、両手を押し付けたということだけ」「それは性的で、いやらしく、醜かった」【http://www.afpbb.com/articles/-/3106427より引用】

ヒッチコック監督はヘドレンさんに執拗に付きまとっていたようですね。

きっと本当に好きだったのでしょうね。

偉大な監督だからいくらでも女性が寄ってくると思うのですが、ヘドレンさんは違ったということですね。

でも、それが逆にヒッチコック監督にとって恨みや憎しみの愛情に変ってしまったような気がします。

今でいうストーカーですよね。

この時代にはまだストーキングやセクハラなどの言葉は存在せず、ヘドレンさんもつらい出来事を誰にも話せなかったそうです。

もしかしたら、他にも泣き寝入りしている女性がいるかもしれませんね・・

では、ヒッチコック監督を虜にしたヘドレンさんの画像をご覧ください。

ティッピ・ヘドレンさん画像

dbd80b5b-s %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-7 hedoren

ヒッチコック監督とティッピ・ヘドレンさん

ティッピ・ヘドレンさんについて

ヒッチコック監督の代表作『鳥』に主演し一躍有名となりました。

生年月日:1930年1月19日(86歳)
国籍:アメリカ合衆国
身長:165㎝

モデルとして活躍し、テレビコマーシャルに出演していたところをヒッチコック監督に見いだされて『鳥』に出演することとなりました。

『鳥』ではゴールデングローブ賞有望若手女優賞を受賞し一躍スターに。

翌年、ヒッチコックの『マーニー』に出演されます。

しかし、彼女のキャリアをコントロールしようとするヒッチコックとティッピは相容れず、1967年に女優業を一時中断することになります。

その後は動物のための施設を運営しながら、テレビ中心に活躍されたそうです。

Wikipediaより】

ヒッチコック監督に気に入られながらも、受け入れる事ができずにヒッチコック監督から距離を置いたせいで女優としての活躍の場を失った・・・

ということでしょうか・・

ヒッチコック監督の愛は憎しみに変ってしまったようですね。

『鳥』動画

ヘドレンさんを一躍大女優にしたてた『鳥』です。

本当に美しいです・・

まとめ

『鳥』の主演女優のティッピ・ヘドレンさんがヒッチコック監督からのセクハラを告白されました。

ヒッチコック監督はヘドレンさんを一躍有名女優にした監督です。

ヒッチコック監督が相当ヘドレンさんに熱を上げていたようで、ストーカーのような言動があったようですね。

その後ヘドレンさんが監督から距離を置くようになり、ヘドレンさんは女優業を中断されました。

今ならストーカーやセクハラなどと問題になるのでしょうが、当時はそういった女性が少なからずいたことが想像できますね。

偉大な映画監督もまさか死後にセクハラを暴露されるとは!

確かに写真をみるとお金にものを言わせている中年オヤジ感がはんぱない・・・

ヒッチコック監督のイメージダウンは免れそうにありませんね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんのメルマガを読んで、次々と奇跡のようなことが起こりました。

今は、過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会たんです!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんのメルマガを紹介しています。

ぜひこの下のボタンをクリックして詳細を見てみてくださいね。

→ 詳しくは今すぐこちらから!

Top