スポーツ

フィギュアNHK杯優勝の紀平梨花(きひらりか)ちゃん、4回転ジャンプも近い?出身、プロフィール、気になるトリプルアクセル事情、可愛いインスタ画像など

フィギュアスケートのNHK杯が11月9日から開催されていましたが、16歳の紀平梨花さん(16歳)が優勝しました。

 

その実力もさることながら、気になるのはその姿!とっても笑顔がキュートで氷上の天使のような佇まい・・・

 

この優勝でさらに注目を浴び、ファンも増えるのではないでしょうか

 

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


紀平梨花のプロフィール

・生年月日 2002年7月21日(16歳)

・出身地  兵庫県西宮市

・身長   154㎝

・所属   関西大学KFSC

・N高等学校在籍中

(2018年11月現在)

 

5歳からスケート教室に通っている梨花さん。当初はお稽古事の一つとして通っていて、他にもバレエ、体操、ピアノなども習っていたそうです。

 

2015−2016シーズンに全日本ノービス選手権Aクラスで優勝、初出場の全日本ジュニア選手権で11位、2016年のトリノグラフトロフィーのノービスクラスで優勝しました。

その後もメキメキと頭角を現し、2018年のNHK杯ではショートプログラム5位、フリーで二本のトリプルアクセルを決め154.72点と高得点を出し、合計224.31点で優勝しました。

 

なんとGPシリーズデビュー戦で初優勝したのは日本人の中では初めてだそうです!!

 

持っている記録も凄い!得意技は3回転ジャンプの組み合わせ!

紀平梨花さんはぐんぐんと実力を伸ばしてきていますが、現在所持している記録も豪華です。

 

 

  • 女子シングル史上初のフリースケーティング8トリプルジャンプ成功
  • 女子シングル史上初の1プログラム全6種類トリプルジャンプ成功
  • 女子シングル史上最年少3回転アクセル成功(14歳65日)
  • 女子シングル史上初の3回転アクセル-3回転トゥループ成功

※2018年11月現在

 

この3回転アクセル(トリプルアクセル)は現在、女子の公式試合で飛んだことがあるのはなんと歴代で8人しかいないそうです!そしてその8人のうち、日本人は5人も入っているんです。

 

日本のフィギュアスケートのレベルの高さが伺えますね〜

 

  • 伊藤みどり
  • トーニャ・ハーディング
  • 中野友加里
  • リュドミラ・ネリディナ
  • 浅田真央
  • エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ
  • 紀平梨花
  • 長洲未来

 

6種類あるジャンプで最も難易度が高く、男子でも飛ぶのが難しいそうです。

日本でもかなり認知度が高いジャンプですよね!

 

実は練習では4回転ジャンプも成功済み!公式戦で見れる日も近い?

 

紀平梨花さんは2017年7月2日には、スポーツ紙に「練習で4回転ジャンプに成功した」と語ったことがあるそうです。

5月の米コロラド合宿から本格的にサルコーとトーループの4回転に挑戦しており「サルコーは5回ぐらい(成功した)」と照れくさそうに笑った。

引用:日刊スポーツ

 

4回転ジャンプを公式戦で成功させたことがあるのは歴代で安藤美姫さんだけ・・・もしかすると今後、4回転ジャンプを入れたプログラムを公式戦で披露する可能性は大いにあります!

 

紀平梨花のインスタグラムがかわいいと話題に!

紀平梨花さんのあまりにもかわいいInstagramが、ファンの間でひそかに人気になっているそうです。

 

引用:instagram

引用:instagram

 

引用:instagram

中には羽生結弦選手との写真まで!

 

 

 

やっぱりネットでも可愛さは話題になっていますね!

現在、16歳の紀平梨花さん・・・2018年韓国平昌で開催された冬季オリンピックには年齢制限のため参加できなかったのですが、今後さらに実力をつけて今後の女子フィギュアスケート界を牽引していく選手になりますね!

 

今後の彼女の活躍も目が離せません。

あなたに届けるピンフルエンサー!

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top