ビットコインって儲かるの?今からではもう遅い?暗号通貨について簡単にまとめてみました! | ピンフルエンサー – トレンドニュース速報|話題のニュース,事件ネタ,気になる人物など世間の関心事を取り上げて分かりやすくまとめます。

ビットコインって儲かるの?今からではもう遅い?暗号通貨について簡単にまとめてみました!

HOME→カテゴリ:お金, 流行りもの

投稿:2017年3月26日
更新:17/9/12

今日は珍しくお金についてお話しします。

内容は、今熱い「ビットコイン」について。

今さら聞けないビットコインを簡単に説明します。

では早速!

ビットコインって何?

そもそもビットコインって何?

聞いたことない人はいないと思うのですが、
説明できる人はおそらく少ないと思います。

ビットコインとは、

公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。【Wikipediaより引用】

いやいやいや何のことだかさっぱり・・・

ですよね。

では、これを簡単に解説すると、

ビットコインは暗号通過と呼ばれています。

仮装通過という呼び方をする方が多いですが、正しいのは暗号通過です。

とりあえずこれを覚えてるだけで人より一歩抜きんでましたねw

で、

開発の理由をみれば、自ずと暗号通過が見えてきます。

暗号通過が出てきた理由

世界中には円やドルやポンドなどのお金が存在していますが、
暗号通貨は紙幣や貨幣のような形がありません。

利用するすべての人は、インターネット上にウォレットを作成し、そこにビットコインを保有します。

ウォレットとは、言うまでもなく実在するものではなく、アカウントのようなものが割り当てられます、

では、なぜ暗号通貨が出てきたのか?暗号通貨の目的は?

暗号通過は国家単位で運営されている従来のお金と同様に、
経済活動を円滑にするために作られたものなのです。

しかし暗号通貨は国は関与していません。

これが従来の通貨とは最も異なる点かもしれません。

ビットコインの目指すところは、世界中で日常生活で使われることです。

パソコンやスマホをお財布代わりにして売買が実現できるように作られているのです。

実際にビットコインで支払いが可能となっているサービスは日本においてもどんどん拡大しています。

有名どころで言うと、

  • メガネスーパー
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ
  • DMM.com
  • 等々

    通信販売:44件、実店舗:196件
    https://jpbitcoin.com/shopsより引用】

    ただし、ご存知の通りビットコインの価格は不安定極まりなく、乱高下しており、汎用性低っ!

    投機目的の利用者も多く参入し、この先もどうなるのか読めない・・・

    世界中で日常で利用することを目標としてる割には、実用性が低すぎて今ビットコインを購入するのは非常にリスクが高いです!

    そして、次なる暗号通貨の開発が急がれているのです。

    そこで、これをお読みいただきている方に声を大に言いたいのは。

    恐らく、というかかなりの確率で、ここ数年で億万長者になる主婦や大学生がでてくるでしょう!

    実際にビットコインも最初は、
    日本円で1BTC約0.07円でした。
    現在の価格は447,437円です。

    一番最初に10000BTC(700円)買い、今売ったとすれば、
    44億7437万です。

    スゴッ!

    まだ怪しいと言われている時点で購入している人たちなので、チャンスをしっかりつかんだわけです。

    チャンスの神様は前髪しか無いと言われていますが、本当にその通り。

    数十円の時に聞いてたのに・・、と言われていた方は非常に悔しい思いをされていました。

    そして、今年は、暗号通貨元年と言われているのはご存知でしょうか?

    ブロックチェーン以外の暗号通貨をアルトコインと呼びますが、
    アルトコインは現在世界中で600を超えていると言われています。

    ビットコインに次ぐ時価総額のイーサリアムや、ノアコイン、リップル…

    すでに何か持ってますか?

    楽しみですね^ ^

    ブロックチェーン

    ビットコインのすばらしさはブロックチェーンの一言に尽きます。

    単なるマネーゲームではありません。

    ブロックチェーンの可能性を知れば暗号通貨の未来が見えてきます。
    だからみんなこぞって暗号通貨に期待するのです!

    ブロックチェーンとは?

    ブロックチェーンとは、

    ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。

    ブロックチェインとも。

    ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。

    ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。

    【wikiより引用】

    ブロックチェーンによって何がもたらされるかと言うと、取引の透明性が担保され、セキュリティも向上集中管理を行わないことで攻撃や障害に強くなるという利点がもたらされるのです。

    つまり、

    ブロックチェーンはサーバーを持たず、中心となるデータベースがないので、まず乗っ取りが不可となります。

    また取引がオープンソースでパブリックに行われることも不正を排除するしくみといえます。

    全ての取引がチェーンのようにつながっている為、取り消しや書き換えができず、
    次々と新たな取引が誕生する中で、一つ変えようとすると、その前の記録との整合性が合わなくなるので、データの改ざんは不可能に近いのです。

    また、お金がどのように使われたのかも一目瞭然となります。

    一方、セキュリティに関しても高度なものが備わっています。

    ビットコインの場合、2種類の鍵を利用して資産を確実に守ることが可能とされています。

    オープンソースであっても、取引データが個人情報と結びつかないため、大事な情報が盗み出された流出したりする心配がないのです。

    個人情報が結びつかなければ取引データそのものを見てもあまり興味がそそられないのはイメージできるのではないでしょうか?

    100万円のやり取りがあったとして、それが隣の山田さんの取引履歴ならめちゃくちゃ気になりますが、誰かわからない取引には全く興味なしです。

    しかし、これが逆手に取られて身代金の支払いに利用されることがあります。

    余談ですが、
    先日取引先の会社のシステムがランサムウェアに感染し、全社員のメールが使用不可となっていました。

    解除するための身代金をビットコインで支払うよう要求されたそうです。

    1週間ほどでメールは復帰していましたが、身代金を支払ったかどうかはわかりません・・・

    おっと話が飛んでしまった!

    話をブロックチェーンに戻すと、

    ブロックチェーンの取引はお金にとどまりません。

    出生記録や金融口座、保険情報や不動産の所有など、あらゆるものをブロックチェーンに記録することが可能となります。

    記録にこだわる理由は、その透明性と利用価値の拡大にあります。

    食品の産地や復興支援の義援金の流れ、政治の真実を知りたいとき。

    はたまた、自分のスキルを売りたいとき、例えば楽曲の権利を持っていれば、それを求める人に直接取引を行うことができるようになるのです。

    これまで仲介業者に搾取されてたわけのわからない手数料が無くなります。

    このようなことが実現可能となるには、アプリケーションの開発が不可欠ですが、もうそれは時間の問題でしょうね!

    そう!ブロックチェーンはオープンソースで公開しているため、誰でも無料でソースコードをダウンロードし、それを使って新たなツールを開発することだってできちゃうのです。

    中心を持たず管理者のいないブロックチェーンだからこそ、今後はブロックチェーンを使ったアプリケーションの開発が進み、現在とは全く異なるお金や価値のやり取りが行われるようになる可能性があるのです。いえ、そういう未来がやってくるでしょう。

    まだぴんと来ないかもしれませんが、
    かなり大きな変化が訪れようとしているということは感じ取っていただけたでしょうか。

    ではここでビットコインをはじめ暗号通貨を使うメリットについて再確認しておきましょう!

    暗号通貨を使うメリット

  • 仲介者が存在せず、個人間で直接取引が可能
  • 手数料が格安または無料
  • 監視や制限がない
  • p2p方式でサーバーが存在せず、個人情報が流出することがない
  • 途上国においてたとえ自国の通貨が不安定でも世界を相手にしたビジネスが可能となる。
  • 国の財政が悪くなっても預金を封鎖されるリスクがない
  • 寄付が直接受け取れる
  • 自分のスキルを売ることができる
  •  

    これらはほんの一例です。
    まだまだ開発途上で、無限の可能性を秘めています。

    叶姉妹が携帯電話の権利を持っているのはご存知でしたか?

    億万長者になるには仕掛ける側にいなければなりません。

    ネット社会の今、その気になれば億万長者になる可能性は20年前と比べると、格段に高くなりました。

    暗号通貨元年の今年、仕掛ける目線でチャンスをつかみたいものです。

    さて、最近何が来ますか?と良く聞かれるので紹介しておきます。

    私が今投資しているのはAWAのキートークンです。

    暗号通貨やお金の勉強をしています。

    暗号通貨元年の今だからこそ、一緒に勉強しませんか?

    ブロックチェーンについては、またどこかでお話したいと思います^ ^

    ここまでお読み頂きありがとうございます!

    あなたに届けるピンフルエンサー!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    Top