言葉

留飲を下げるの意味と語源、誤用、使用例、類語について

言葉って難しいですね。
でも日本人として難しい言葉も知っておきたいものです。

それにこういうのってさらっと使えるとかっこいい!

今回は
『溜飲を下げる』

について調べてみました。

溜飲を下げる

りゅういんをさげる

意味

胸をすっきりさせる。
不平・不満。恨みなどを解消して。気を晴らす。

使用例

「相手を論破して溜飲を下げる」
「不正した企業に対し、SNSで批判しつるし上げることで溜飲を下げている」
「上司には逆らえないので、陰口をたたくことで溜飲を下げる」
「ライバルチームに圧勝して溜飲が下がった」
「いつもは大食いすることで溜飲を下げていたが、最近は食べても食べても溜飲が下がらなくなってしまった。」

語源(解説)

『溜飲』とは胸やけや胃液が逆流していること。
その上がってきた胃液が胃の中に戻ると胸がすっきりすることが語源となっています。

140926

胃の調子が悪く不消化物が強酸の胃液と一緒に食道をあがってくると考えただけでも胃薬!胃薬!ってなりますね。その上がってきた気持ち悪いものが胃に戻ると想像しただけでも気持ちが晴れます。

そして、気持ちが晴れる・・・
これが誤用に繋がっているようです。

間違った使い方(誤用)

『溜飲を晴らす』
(りゅういんをはらす)

『晴らす』は間違いです。

文化庁発表の、19年度「国語に関する世論調査」では、
「溜飲を下げる」が39.8%
「溜飲を晴らす」が26.1%

と高比率で誤った使用をされている人がいることがわかりました。

類語

「溜飲が下がる」の同義語、別の使い方について、

胸のつかえがおりる
胸をなでおろす
人心地がつく
気が楽になる
ホッとする
リラックス
心が晴れる
気が晴れる
気持ちが晴れる
モヤモヤが晴れる
わだかまりがなくなる
いい気味だ
ああ愉快だ
スカッとする
スッキリする
せいせいする

参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたに届けるピンフルエンサー!

スポンサーリンク
私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんのメルマガを読んで、次々と奇跡のようなことが起こりました。

今は、過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会たんです!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんのメルマガを紹介しています。

ぜひこの下のボタンをクリックして詳細を見てみてくださいね。

→ 詳しくは今すぐこちらから!

Top