キャラクター

東京五輪マスコットの作者は谷口亮さんイラストレーター!プロフィールと経歴や作品について

2020年東京オリンピック・パラリンピックのマスコットが決定しました。

最終候補の3つの作品から選ばれたのは福岡在住のイラストレーター谷口亮さんの作品でした!

オリンピックのマスコットに込められた意味や谷口亮さんについてまた、最終候補に残った残りの二つの作品についてご紹介します。

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


東京2020年オリンピックマスコットが決定


http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1712/07/news062.html

決定方法

今回の2020年東京オリンピック・パラリンピックのマスコット決定はどのような選考方法がとられたのでしょうか?

東京オリンピック・パラリンピックの顔となるマスコットは、組織委員会が公募し有識者による審査会で最終候補の3つの作品に絞り込んだあと、全国の小学校などのクラスごとに投票が行われ、国内外の1万6000校余りのおよそ20万のクラスが票を投じました。
【NHKWebより】

最終候補の3つの作品


http://infall24.com/oymlic-characterより引用】

ア案


オリンピックマスコットは「伝統と近未来が1つになった温故知新なキャラクター」
パラリンピックマスコットは「桜の触覚と超能力を持つクールなキャラクター」という設定。

大会エンブレムとなっている市松模様をデザインに取り入れています。

イ案


オリンピックマスコットは「日本を暖める炎と大地から生まれたキャラクター」モデルは招き猫とキツネ。
パラリンピックマスコットは「日本に四季を呼ぶ風と空から生まれたキャラクター」モデルは神社の狛犬(こまいぬ)

ウ案

オリンピックマスコットは「日本昔話の世界から飛び出してきたキツネのキャラクター。キツネに日本古来の勾玉(まがたま)をあしらって生まれた」
パラリンピックマスコットは「頭の上の葉っぱを使い、自由に変身するタヌキのキャラクター。日本古来の化けるタヌキから生まれた」という設定とのことです。

「ア」の作品:10万9041票
「イ」の作品:6万1423票
「ウ」の作品:3万5291票

アの作品が圧勝でしたね。

因みに応募総数は2,042件でした。

イラストレーター谷口亮さんについて

アの作品を手掛けた作者の谷口亮さんについてまとめてみました。

谷口亮プロフィール

1974年生まれ
年齢:43歳
出身:福岡県福岡市
現在の住まい:福岡県福岡市
職業:イラストレーター・キャラクターデザイナー

経歴:

1997年にカリフォルニア州にある大学Cabrillo Collegeで美術を学び、Art Majorで卒業。
帰国後1999年よりオリジナルキャラクターの制作を開始されます。

現在の活動:

キャラクターデザインを主にイラストレーターとして活動中。
路上でキャラクターグッズを販売
九州デザイナー学院非常勤講師
など

谷口亮さんのホームページはこちら⇒http://ryos-w.com/

これまでの作品

http://ryos-w.com/より引用】

名前は?

ところでマスコットの名前はまだ決まっていないようですが、いつ決まるのでしょうか?

組織委員会は今後、決まったマスコットの名前を審査会やデザインの作者と話し合って決め、ことし夏に発表することにしています。

マスコットの名前については今のところ公募はないようですね。

どのような名前になるのか楽しみです。

まとめ

2020年東京オリンピック・パラリンピックのマスコットが決定しました。

作者は福岡在住のイラストレーター谷口亮さん43歳。

谷口亮さんの作品に注目が集まりそうです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top