未分類

店舗拡張中の「いきなり!ステーキ」がギネス記録達成

次々と新店舗をオープンしているいきなり!ステーキがギネス記録を達成したようです!

急激に増やしている店舗数に関する内容かと思えば、販売した肉の数で達成したようなので記事をまとめてみました!

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


レストランにて24時間で販売されたビーフステーキ最多食数でギネス記録を達成!

今回の記録が行われたのは2018年の11月3日。全国に数多くある店舗の中、記録を残すことになったのは東京の品川にある、品川シーサイドフォレスト店だそうです。

ビーフステーキを1日に何食分売れるかに挑戦したようで、結果は1734食を提供したことで見事ギネス記録を達成したようです!

しかし、既存の記録はいくらだったのか、そもそも初の挑戦なのか、記録更新なのか、パッと見では‘スゴ’さが分からないものですね。

そこで今回売り上げた数字はどれくらい凄いのか数字を計算してみました!

1734食を12時間で販売した数

品川シーサイドフォレスト店はお昼の11時から23時までの12時間の営業でした(ラストオーダーは22時45分のため実質11時間45分間の販売です)

1734食を12時間で割ると…1時間あたり144.5食売ったことになります。

では144.5食を60分で割ると…1分あたり2.4食売った計算になります。

ステーキを焼いてから提供して食べ終わるまで何分もかかるでしょうから、60席以上の席があるかと思いきや、全体で53席しかなかったそうなのです!

60を割ってしまった状態で1分間に2.4食も売り、しかも12時間ぶっ通しでステーキを焼き続けたのですから、まさに驚異的な数字ですね!

話題性に食いついてもらい、客が1日中途絶えなかったからこそできた驚異的な記録だったようです!

「立ち食いだから早い、早いから安い」を実現したいきなり!ステーキならではの記録だったのですね!

4年かけて増やした数をたったの1年で!店舗数を全国に急速拡大中!

飲食業界は、日本中どこを歩いていても飲食店だらけの超激戦区の業界です。

そもそも話題性を集めていたから集客も出来たのでしょうが、ギネス記録に挑戦したことそのものもおそらく話題作りのためでしょう。

話題作りといえば、今最も話題なのは圧倒的なスピードでの店舗拡大です。

2013年にオープンしてから4年をかけて180店舗も作ったこと自体がスゴいことですが、2017〜2018年にはなんと!たったの1年間で200店舗も開業することにしたそうなのです!

単純計算でも、今までの2倍の店舗数を構えることにしたのですから、社長は大胆な計画を立てて実行したものですね。

事実、昨年まで街中に1店舗しかなかった私の近所にも、一気に3店舗以上も新店舗がオープンしておりました。これは驚異的なスピードです。

素人目からみても、オープンする土地や場所決めなど何やら面倒で大変な作業が待っているように思えるのですが、なぜこんなにも順調に着々と店舗を拡大できているのでしょうか?

人気ラーメンチェーン店の「幸楽苑」とのタッグを組み、店舗を切り替える形で急速に拡大中!

実は、1年間に200店舗を拡大すると発表した2017年の11月、いきなり!ステーキの社長は人気ラーメンチェーン店の「幸楽苑」とフランチャイズ契約を結ぶことで、元々幸楽苑があった店舗をいきなり!ステーキとして作り直して店舗を作ることで、急速な拡大を実現したそうなのです。

いきなり!ステーキは幸楽苑グループなのかと思っていたのですが、提携を結んだから郊外にある幸楽苑の隣にいきなり!ステーキがオープンしていたのですね。それなら納得です。

私の近所にオープンした店舗付近を休日に車で通った際は、外まで行列が並んでおり大変驚きました!

話題性による集客力はバカにならないようです。

今回見事達成したギネス記録に夜キャンペーンも今後開催するそうなので、今後も話題沸騰中のいきなり!ステーキから目が離せませんね!今後もぜひ注目していきます!

あなたに届けるピンフルエンサー!

今回もお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top