ホラー

ハリウッド実写版「デスノート」で死神役の人の顔が似すぎて怖いんですけど!

ウィリアム・デフォー ゴブリン

ハリウッド版「デスノート(Death Note)」で、ウィレム・デフォーが死神リュークの声を担当することが分かりました。

声を担当するのですが、顔が似すぎと話題です!

ハリウッド版デスノート死神「リューク」の声をウィリアム・デフォーが担当

ウィリアム・デフォーと言えば、
「プラトーン」(86)でアカデミー助演男優賞に初ノミネート。
「ワイルド・アット・ハート」(90)
「今そこにある危機」(94)
「スパイダーマン」シリーズ(01、04)
など、数々の名作に出演されているハリウッド男優。

「スパイダーマン」シリーズのこの顔をみれば恐らく、「あー知ってる」ですよね!

死神リューク

思い出しました?

ちょっと奇抜な役が多いイメージですね。

今回もやってくれました!

ウィリアム・デフォー ゴブリン

似すぎて怖いんですけど。

世間も納得です。

”実写化成功”
”そのまんまやん”
”りューク顔だな”
”リュークのモデルなった人と言われたら納得するレベル”

ライト役は?

そして、ライト役はライト・ターナーとして、ナット・ウルフさんが担当されるそうです。

ナット・ウルフ

ヒロインのミア・サットン役は?

デスノート ヒロイン

ウィリアム・デフォーさん以外は意外と普通でしたね。

まとめ

ウィリアム・デフォーさんの顔が死神のリュークに似すぎで話題です。

しかし、担当するのは声。

特殊メイクでグリーンゴブリンのように演じてくれないかな~。

公開は2017年とのことです(^-^)

当サイトをご覧の皆さん、はじめまして。ここまで読んでいただいてありがとうございます。

ネットサーフィンと唐揚げが楽しみの会社員生活(手取り17万円)を捨て、今は健康で文化的な、めっちゃ最高の生活を送っている、フリーランスのwebライターです。

人生が激変したキッカケは、ある「ぶっ飛んだ人物」との出会いでした。

元プロマジシャンで元バーテンダー、ネットビジネス業界で年商1億円、アニメオタクで映画オタク、ヨガや瞑想をやってる、変わった20代の青年実業家、その人物こそが佐藤想一郎さんです。

以前の私は、親の期待に応えようとしたり、世間の目が気になったりで、人から影響されて振り回される人生でした。

ところが想一郎さんに出会って、「こんな面白いこと考えてる人がいるんだ」「こんな風に思っても良いんだ!」といろんな思い込みが打ち砕かれ、自分でかけていた「幸せのブレーキ」が解除されて行きました。

もしも、あなたも

・このままの人生でいいのかモヤモヤしている
・もっと人生を面白く、豊かにしたい
・普通じゃない道を歩んてる人の話を聞いてみたい

と思われるなら、ぜひ佐藤想一郎さんのメルマガでストーリーを読んでみてください。

人生にすごいサプライズが起こっちゃうかもしれませんよ!

→ 詳しくはこちらから

Top